子育て費用どうしよう!不安を解消するための私のやり方

スポンサードリンク

皆さんのご家庭では、
お子さんにかかる費用をどのくらいでお考えですか?

私も今4歳の娘がいますが、
これからの学費や養育に必要な費用を
考えると冷や汗が出そうになります。

親ならば金銭的な問題で、
子供に不自由はさせたくないと
思うのは当たり前のことかもしれませんが、
実際問題子供にかかる費用って
幼稚園もしくは保育園から大学までで
考えるとどんでもない金額になるんです。

幼稚園や小中高が公立か私立かによって、
金額は変りますが
幼稚園から高校までで平均900万もかかるんです…。

そんな900万なんてとてもじゃないけど、
出せる気がしない…と私なら思います。

もちろん1度に900万をドーン!と
出すわけではありませんが、子供なら
習い事や修学旅行などいろいろな行事、
さらに部活などでは部費やユニフォームを揃えたりなど
お金のかかることはたくさんあります。

出来るだけ、
子供には選択肢を広げてあげたいという親心の元
少しでもお金に余裕を持ちたい!
そんな人には必見の、
子育て費用についてお話します。

子供に貧乏な思いはさせたくない!子育ての不安とは?


子育てをしていれば、病院代や教育費など
お金がかかってしまいます。

そんな中でも
子供にだけは、貧しい思いをさせたくない
と思うのは必然的なことでしょう。

私が育った家庭も、決して裕福ではありませんでした。

専業主婦の母と季節労働者の父との3人家族でしたが、
外食は年に数回だけ、遊びに行くとしたら
お弁当を作って公園などでピクニック
というのがほとんどです。

増してや季節労働者の父なので、
夏場はほとんど家におらず
久々に顔を合わせても
「また今度ね~」
という程、顔を合わせることがない生活でした。

ですが、私自身周りの友達のように
沢山のおもちゃやゲームはなくても
必要最低限の物は買ってもらっていたので
「貧乏」という感覚は薄かったように感じます。

それは専業主婦である母の努力と、
稼げる時は何か月も休みなく
働いていた父のおかげだと思います。

では、なぜ私は「貧乏」と感じなかったのか?というと
小学校中学年くらいまでは
他人と自分の生活を比較するということが
あまり無いからではないでしょうか?

「生活の質」というのはなかなか変える事はできません。

例えば
「貧乏からお金持ちの生活」
に変えることは、割と簡単なのですが
「お金持ちから貧乏の生活」
に変えることはなかなか難しいものです。

美味しいものばかりを食べていると
舌が肥えるのと同じような感覚ですが
生活の質を「下げる」ことは難しいですが、
元から「貧乏の生活」をしていると
子供にとってはそれが「普通」になります。

貧乏なのが普通になるからと言っても、
清潔さだけは保たなければいけません。

高級な服や必要以上の高価な物は
子供には必要ないと思いますが、
毎日お風呂に入って
きちんと洗濯された衣類を身に着け、
安い食材でもお腹いっぱい食べることが出来たら
子供は「貧乏」とは感じないのではないでしょうか。

子育てを助けてくれる支援

日本には子育ての援助や支援など
金銭面で手助けしてくれる制度があります。

その中には自分から問合せや申請をしないと
「こんな制度がありますよ~」と
教えてもらえない場合もあるので、
お住まいの自治体で調べてみるといいかもしれません。

参考までに、いくつかご紹介します。

  • 児童手当
  • こども手当
  • 子育て応援特別手当
  • 私立幼稚園就園補助
  • 就学奨励金
  • 乳幼児医療費補助
  • チャイルドシート購入助成

まだまだこの他にも、
自治体によって様々な制度がある場合があります。

一度、各自治体に問い合わせてみると
いいかもしれませんね。

少しでも収入を増やすために子育て中の仕事を在宅で

最近はメインのお仕事の他に掛け持ちの
副業」をしている方も多い時代になりました。

正社員で掛け持ちの仕事を、というのは
今まではどの企業でも認められる事は
殆どありませんでしたが、
最近では「副業OK」という企業も増え始めています。

確かに副業が認められたなら、
日本の不況も多少は回復が見込めるのではないかと思います。

だからと言って副業を認めてくれる企業は
まだまだ少ないです。

しかし、主婦などは仕事に行けない場合もあり
子育てをしながら働くというのは
負担は確実に大きくなるでしょう。

そんな中で無理なく、
自分のペースで出来るのが「在宅ワーク」です。

実は私もしています。

もちろん、職場では了承の上でです。

現在シングルマザーの私は、
フルタイムで働いてはいますが
決して高収入とは言えません。

子育てがしやすく、長く続けられるようにと
選んだ職場なので収入に関しては
とやかく言うつもりはありません。

ですが、子供のこれからを考えると
少しでも貯金は多いことに越した事はないですよね。

小中学校は義務教育のため、
そこまでお金はかかりませんが高校や大学なら
授業料だけでもそれなりに大きな金額にはなります。

学資保険をかけている方もいるでしょうが、
私の場合は日々の生活で精いっぱいで
貯金をするほどお金に余裕はないのです。

シングルマザーという点で、
自治体からの多少の補助金はありますが
毎月入ってくるものではないので、
今まではその補助金を全額貯金へ当ててきました。

欲深い私は、それだけじゃ物足りず
「毎月5000円でもいいから、貯金出来たら…」と
考えてたどり着いたのが「在宅ワーク」でした。

子育て中でも、子供が寝た後や
隙間時間で作業が出来るというのが
メリットかなと思います。

作業の単価自体はそんなに多くはありません。

空いた時間でお金が稼げるのなら、
それ以上のことはないので
私は「在宅ワーク」で
貯金のために稼いでいます。

最後に

「愛はお金で買えない!」なんて
ドラマのような言葉に酔っていたこともありましたが
今では
同情するなら金をくれ!
というほうが近いです(笑)

お金はあっても困らないものです、
予想よりも出費が少なければその分を貯金する。

小銭貯金など「少しずつコツコツ」と
やっていくことで将来のお子さんの選択肢を
増やしてあげてもいいかと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする