これ知っていると自慢できる!?よく聞く真夏日と猛暑日と酷暑日の違い!

スポンサードリンク

近年、温暖化が進み、各地の最高気温がどんどん上昇しています。

今では、夏の最高気温が30度後半になることが
当たり前になってきました。

よく、天気予報などのニュースでは、
真夏日や猛暑といった言葉が使われています。

皆さんは、真夏日や猛暑日などの違いを理解していますか。

これを知っておくと、
クラスやグループの中で賢い存在になれるかもしれません。

今回は、よくニュースで使われる
真夏日」「猛暑日」「酷暑日」の違い
についてご紹介したいと思います。

1.真夏日、猛暑日、酷暑日の違いとは?

各用語の定義からご説明いたします。
「真夏日」・・・1日の最高気温が30度以上の日のことを真夏日と言います。
「猛暑日」・・・1日の最高気温が35度以上の日のことを猛暑日と言います。
「酷暑日」・・・こちらも1日の最高気温が35度以上の日のことを言います。こちらは猛暑日と同じ意味で使われることが多いです。

元々、1日の最高気温が25度以上を表す「夏日」と、
1日の最高気温が30度以上を表す「真夏日」
という言葉のみが使用されていました。

しかし、東北・北海道地方でも夏になると、
最高気温が35度以上になることもあり、
東京などの都心部でも多くの日が
35度以上を記録するようになりました。

そこで、テレビや新聞などのマスコミが、
1日の最高気温が35度以上になる日を
「酷暑日」と報道するようになりました。

そこで、気象庁は新たに1日の
最高気温が35度以上となる日を「猛暑日」と定めるようになりました。

今後さらに気温が上昇すると、
また新たな言葉が制定されるかもしれませんね。

スポンサードリンク

2、熱帯夜ってどんな夜のこと?

皆さん「熱帯夜」という言葉は聞いたことはありますか?

よニュースで、「今日は寝苦しい熱帯夜になりそうです」
と聞いたとこはありますよね。

気温が高くて眠りにくそうな夜というのはわかりますが、
いったいどんな夜が熱帯夜かというと、
夕方から翌日の朝までの気温が25度以上になる夜熱帯夜と言います。

※熱帯夜の注意点!!

猛暑を記録する日が増えたことによって、
熱帯夜となる日も増えています。

熱帯夜が続き、眠りにくい日が続くと
体力を奪われて夏バテの原因になりやすいです。

また、人は寝ているときたくさんの汗をかきます。

普段でのたくさんの汗をかくというのに、
熱帯夜となるとまたさらに汗をかきます。

すると、体の水分が不足した状態で朝を迎え、
1日をスタートすることになります。

つまり、脱水症の状態です。

熱帯夜の朝には脱水症に注意しなければなりません。

そのような状態で日中の暑い環境ですごすと、
すぐに熱中症になってしまいます。

そんな熱帯夜では、クーラーや扇風機を活用して
しっかりと睡眠をとれるようにしましょう。

また、熱帯夜を過ごした朝は熱中症になりやすいと意識して、
こまめに水分を取って熱中症を予防できるようにするといいですね。

皆さんの周りにも声をかけて、
お友達の体調も気遣ってあげましょう。

これを読んだあなたがお友達に声をかけることで、
お友達の熱中症も予防できるかもしれません。

3.まとめ

日中の厳しい夏の日が続きますが、
しっかりと睡眠がとれるように工夫して夏バテ予防し、
快適な夏の日を過ごしましょう。

また、各言葉の意味を知ると、
気温の違いによって1日の夏の名前が変わる
というので面白いですよね。

気温に応じてクラスの友達に
「今日は〇〇日だよ」と鼻高々に説明できるとかっこいいですね。

併せて熱帯夜の睡眠不足に気を付けてと、
友達への気遣いもできると大人な対応として友達に称賛されるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする