素早く見分けなければ危険!?子供の熱中症の症状とは!

スポンサードリンク

日本では梅雨が明けた時期から
急激に熱中症の方が増えます。

熱中症は重症の場合、命に関わることがあります。

また、子供は大人に比べて、
体温調節が未発達なので
熱中症にかかりやすいとされています。

しかし、お子様の体が熱くて顔が赤いのは
わかるけどそれが熱中症なのか
わからなくて不安になりますよね。

そこで、子供が発症しやすい
熱中症の症状
をご紹介いたします。

また、外出の際に万全の対策を練っていても、
いざ熱中症にかかってみて
対処法がわからないととても怖いですよね。

熱中症の応急処置には、
適切な応急処置をすることが大変重要です。

子供の熱中症の症状と併せて、
必ず行うべき応急処置を順序に沿ってご紹介いたします。

熱中症の症状の見分け方とは!

まずは、屋内外に問わず高温多湿の環境下で、
子供が熱っぽくだるそうであれば
第一に熱中症を疑うべきです。

通常の夏風邪での発熱では重症になりにくいですが、
熱中症の場合は別です。

進行すると危険なので、そういった環境では
まず熱中症を疑ってください。

熱中症は迅速な応急処置が重要になります。

気になる症状ですが、一般的な大人の場合は
・めまい
・吐き気、嘔吐
・だるさ
・頭痛
・発熱

以上の症状を発症しやすいです。

しかし、子供の場合は体温調節が未発達なので
上記以外の症状もでます。
・痙攣(熱性けいれん)
・意識がもうろうとしている

子供は一般的な症状を訴えないことがあります。

子供は自分の不調がどんな不調なのか
具体的に表現できない
ことが多いです。

気付いたら痙攣や意識が
もうろうとしていることも多いです。

まず、親御さんが子供の様子が
いつもと違うなどのチェックをする必要があります。

また、痙攣や意識がもうろうとしている状態の
お子様に気づいたら、とても不安で
怖いと思いますが落ち着いて対処してください。

正しく対処することで症状は改善します。

スポンサードリンク

熱中症の疑いがあるときの応急処置とは!

続いて応急処置の手順をご紹介いたします。

その他の注意事項も添えていますのでご覧ください。

【涼しい場所に移動する】

熱中症を疑ったら体の熱を逃がしやすくするように
環境を変える必要があります。

屋外の場合は陰に、
屋内では風通しのいい場所に移動させましょう。

【衣服を脱がす】

体の熱を逃がすために洋服を脱がせましょう。

重ね着なら服を脱がす、
靴やくつしたを脱がすなど
熱を逃がしやすくしてください。

体に熱がこもった状態が続くと、
熱中症が悪化する可能性があります。

【体を冷やす】

体の熱を逃がすために、
体を冷やしてあげましょう。

おでこを冷やすのではなく、脇や股関節、
背中を冷やしましょう

大きな血管が近くにありますので
効率よく体を冷やすことができます。

【水分や塩分を与える】

熱中症になると、大量の水分を失っています。

スポーツドリンクなどを与えて、
水分と塩分を補給しましょう。

効率よく体に水分を吸収させるために
塩分の摂取も必要です。

【注意事項】

・解熱剤は使用しないでください
解熱剤の作用により、血圧が下がって
効率よく熱を体外に放出できなくなる
場合があります。

熱中症の症状が悪化する可能性があるので
使用しないようにしましょう。

・応急処置で症状が改善しない場合は要注意
応急処置を施したのにも関わらず、
症状が改善しない場合は病院での処置
要する場合があります。

また、水が飲めない場合も
病院で点滴をしなければならないので
救急車を呼びましょう。

まとめ

お子様の不調は大変不安ですよね。

暑い環境下での体調不良は
まず熱中症を疑いましょう。

そして、落ち着いて応急処置を施しましょう。

適切で迅速な処置が
熱中症を早く改善してくれます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする