香典にまつわるマナーの常識!?社会人なら知っておけ!初盆の香典の相場は?

スポンサードリンク

冠婚葬祭は、
必ず訪れるその人にとっての一大行事です。

故に、参加者は、その人に対し経緯を表し、
失礼の無いように最低限のマナーを持って臨まなければなりません。

しかし、そのマナーは形に見えるものでは
無いので大変頭を悩ますところだと思います。

筆者も社会人になりたての頃に、
親戚の告別式やお盆を過ごしましたが、
ほかの親戚に怒られたことがあります。

もう社会人なんだからちゃんと勉強して、
しっかりマナーを覚えないと

と言われとても恥ずかしい思いを
したのを覚えています。

これを読んでいるあなたは
まさにそのような心境なのではないでしょうか。

社会人になって、
または家庭を持って臨む冠婚葬祭、
大人として恥をかくわけにはいきませんよね。

今回は親族の初盆に臨む際の
マナーについてご紹介していきたいと思います。

初盆とは、亡くなった方の
四十九日を過ぎてからの
初めてのお盆のこと
を言います。)

初盆の香典っていくらぐらい包めばいいの?

親族とは言っても、
その方との親密さの関係もあり、
包む金額を迷うのではないでしょうか。

同じ等身の親戚より少なく入れることは
失礼に当たるのではないか、
また同じ等身の親戚より多く入れると
逆にその親戚の顔をつぶしてしまうのではないかと
不安になりますよね。

もちろん、その地域や親族の習わしで金額やマナーは違います

こちらでは一般的な相場をご紹介いたします。

一般的に、
親族の初盆でも香典を包んで臨むことが
マナーとされていることが多いです。

実父母の場合  10,000~20,000
実祖父母の場合  5,000~20,000
兄弟姉妹の場合  10,000~20,000
上記に当てはまらない親戚  5,000~10,000
とされています。

上記のように、
金額に結構差があることがわかりますね。

前述したように地域によって金額に差があったり、
その親族間での習わしに左右されることが多いので、
出席する親族に連絡を取って
金額を決めるのが一番無難
であると言えますね。

スポンサードリンク

香典を入れる封筒や入れ方の注意点とは!

金額が決まり、いざ香典袋や封筒などを用意しましたが、
どの香典袋を使用したらいいのか、
表書きはどのようにしたらいいのか、
お札の入れ方にマナーはあるのかなど、
心配事は尽きませんね。

安心してください。
これらのマナーについてもご説明いたします。

香典袋は「御仏前」「御佛前」「御供物料」の表書きのものを使用します。

決して「御霊前」を使用しないでください。

「御霊前」は、四十九日の法用が終わるまでに使用します。

四十九日は故人が仏になるまでの準備期間とされています。

四十九日の法用が終わると、
故人は仏として極楽浄土に旅立っていき、
「御仏前」となるわけです。

続いて、使用する水引きですが、
色は「双銀」「藍銀」「黄白」を
使用するのがマナーとされています。

また、結び目は、「結切り
鮑(あわび)結び」を使用するようにしましょう。

表書きのマナーについてですが、
水引きを挟んで上は「御仏前」で
下半分の中央に自分の名前を記入してください。

この時、御仏前の文字より
自分の名前が大きくならないようにするのが
マナーです。

そして、夫婦で香典を包む場合は、
連名にして一つにしましょう。

中央に書いた方の左に、
名前だけを記入しましょう。

まとめ

年をとると、その分だけ
冠婚葬祭に参加することが多くなります。

今のうちに正しいマナーを
身に着けて臨めるといいですね。

また、一般的なマナーはありますが、
地域や親族の習わしに従って行われることが多いです。

冠婚葬祭に参加する親族に、
香典の金額や最低限のマナーについて
あらかじめ聞いて参加することが
望ましいでしょう。

冠婚葬祭のマナーを学ぶことも社会人の大切な務めです。

子供の見本となれるようにしっかりと勉強しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする