放置していたシャツの襟汚れが悲惨!黄ばみはどうやって落とす?

スポンサードリンク

いつもしっかりと洗濯をしているはずなのに気がついたら
ワイシャツの襟が黄ばんだり、黒ずんできたり、そんなことってありますよね?

内側の汚れだからと言っても意外と人の目に入ったりします。

仕事がしっかり出来てもシャツの汚れで好感度を下げたりするのは避けたいものです。

襟の汚れは普通に洗濯をするだけではなかなか落ちにくいですが、
襟以外は汚れていないのに新しいものを買うのも、クリーニングに出すのももったいないですよね。

家庭で襟の汚れをなんとかできるように、
まずはなぜ黄ばむか、黒ずむかの原因をしっかり把握し、家でできる対策を講じましょう。

ワイシャツの襟汚れの原因は?

スポンサードリンク
襟の汚れの原因は主に皮脂、ホコリと土です。

皮脂は健康である限り、肌の油分を調節したり、刺激から守ったりするために出ているものになります。
汗は体温を調節するために出る水分ですが、皮脂と混ざることがあります。

皮脂が繊維につき、時間が経つとどんどん酸化していきます。
これが黄ばみの原因になります。

皮脂の酸化に伴って、そこにホコリや土が付くと黒ずみの原因になります。

人によって出ている量は違いますが、皮脂は常に出ていることが多いので、
全く襟が汚れないという人はいないでしょう。

皮脂が襟に付着し黄ばみになり、
首元はもともと生地と肌の摩擦が多いのでより繊維の奥に汚れが入っていきます

大体の汚れもそうですが、時間が経つと黄ばみや黒ずみは落ちにくくなります。

白シャツの襟の黄ばみをさっぱり落とす方法は?


襟の汚れの原因は上記に記載した通り皮脂、ホコリ、土等ですが
皮脂は人間の体温と同じぐらいの温度で溶けやすくなります

40度ぐらいですね!

皮脂汚れを落とすために水を40度ぐらいまで温めてから洗濯するのが効果的です。

温水機能がついた洗濯機もありますが、
洗濯機を買い替えるのも大変なので、家にあるもので簡単に落としましょう。

用意するのは40度ぐらいのお湯食器用洗剤使い古した歯ブラシです。

襟をお湯に浸して食器用洗剤(固形石鹸でもクレンジングや
クレンジングオイル等、脂に強いものならOKです)を直接汚れに塗ります。

それを歯ブラシで擦り、お湯で流して、汚れが落ちているようであれば
普通に洗濯するといういたってシンプルな汚れ落しです。

上記の方法でも落ちない場合は、酸素系漂白剤を使ってつけ置きするか、
直接塗ってアイロンのスチームをあてるかドライヤーをあてて
ください!

漂白剤を使うときも温度が大切なので、つけ置きする場合も40度から50度の温度に漂白剤を入れ
そこにシャツを入れて15分から30分ぐらいつけてみてください。

襟汚れが落ちたらそのまま洗濯機で洗濯で大丈夫です!

まとめ


家庭にあるもので皮脂汚れを溶かすことが出来るので、ぜひ試してみてください!

また、ベビーパウダーや、汚れ防止のテープ・スプレー等を使って
襟に汚れがつくのを防ぐことも出来るので、
襟汚れがひどい人は試してみるのも良いかもしれませんね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする