暑い夏にパパッと作れる!夏バテ防止の食材を使った簡単おすすめメニュー!

スポンサードリンク

暑い夏、楽しい季節でもありますが、
夏バテは非常につらいですよね。

皆さんも、一度は経験したことが
あるのではないでしょうか。

食欲は失せてとてもダルいですよね。

筆者は沖縄に住んでいますが、
毎日暑い日々を過ごしています。

しかし、ほとんど夏バテを経験したことがありません。

そんな活動の源になっているのは、おいしい沖縄料理です。

そんな沖縄料理にピックアップし、
夏バテに効果的な食材と、
その食材を使用した簡単にできる料理を
ご紹介したいと思います。

夏バテの原因とは?

夏バテが起こりやすい原因は
温度の高さ湿度の高さが影響してきます。

高温多湿の環境にいると体にたまった熱を
体外に放出することができません。

体内に熱がたまると様々な体の不調を引き起こします

夏バテが原因となって現れる体の不調は
自律神経バランスの崩れ
水分不足
胃腸の活動が低下すること
などがあります。

これらの不調を解消できる食材を使用し、
調理することが大変重要であると言えますね。

スポンサードリンク

夏バテ防止に効果的な食材とは?

夏バテは自律神経の乱れや、
胃腸の活動の低下、
水分不足が要因とされています。

夏バテ防止の食材選びのポイントは、
上記の原因を整えるものになります。

自律神経を整えるためには、
冷たいものはあまり効果的ではありません。

また、腸の活動を維持、活発にさせるためにも
温かい食べ物がオススメです。

水分と一緒にビタミンやミネラルが
取れることもポイントになります。

・ゴーヤー

言わずとしれた栄養科の高い食材です。

ビタミンやミネラルが豊富なので夏バテ防止になります。

・麺類

消化しやすい食べ物なので
腸の疲労を予防し、夏バテを予防してくれます。

・チーズ

夏は体温の上昇を抑えるためにたくさん汗をかきます。

汗をかくということは、
体はエネルギーを消費しています。

チーズはエネルギーを作るもとになります。

※野菜にはたくさんのビタミンや
ミネラルが含まれていますが、
生野菜は体を冷やす原因になります。

体が冷えると腸の働きを鈍らせ、
自律神経の乱れにつながるので加熱調理をオススメします。

夏バテには沖縄料理!

夏バテ防止食材を使用した沖縄料理を3つご紹介!

沖縄料理には夏バテ防止に効果的な料理がたくさんあります。

上記に挙げた食材を使用した
簡単にできる沖縄料理をご紹介いたします。

【ゴーヤーチャンプルー】

ゴーヤーはビタミンとミネラルを豊富に含んでいます。

加熱して調理することで吸収効率を高めてくれます。

レシピ2人前
ゴーヤー 1本
ニンジン 1/2本
キャベツ 1/4個
もやし 1袋
豆腐 1丁
ポーク 1/4 (なければ豚肉が相性がいいです。)
塩コショウ 少々
本だし 大さじ1杯
酒 50㏄
醤油 大さじ1杯
みりん 小さじ1杯
かつおぶし お好みで

【タコライス】
お肉、ご飯、チーズ、野菜といった
様々な種類の食材を一緒に摂取することができます。

ボリュームを感じるかもしれませんが、
非常においしいです。

食べるうちに食欲がわいてくるので
是非お試しください。

レシピ2人前

ご飯2号
ひき肉 200g
レタス千切り 1/4個分
トマトスライス 1/2個
チーズ 食欲にあわせてお好みで
シーズニングスパイス お好みの量で
塩コショウ 少々
タバスコ お好みで

【おきなわそば】

麺料理は消化に優れています。

温かいスープは腸の活動を活発にして夏バテ防止に効果的です。

レシピ2人前

・おきなわそばの出汁 (市販のものの量に従って)
・おきなわそばの麺(なければうどんでも普通のそばでも) 300g
・かまぼこ
・豚肉
・青ネギのみじん切り
・紅ショウガ
・コーレーグース(あればお好みで)

まとめ

夏バテに効く食材はたくさんありますが、
筆者がオススメするのは沖縄料理です。

筆者は沖縄で生まれ育ち、
夏バテをあまり経験したことがありません。

暑さに慣れているだけでなく、
沖縄料理でたくさんの栄養素を摂取しているので
予防になっています。

また、料理もおいしいので是非お試しください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする