地元民が教える!これが沖縄のお土産ランキングベスト5だ!

スポンサードリンク

沖縄に旅行にきたら
やっぱりお土産って買って帰りますよね。

記念として残るものから食べ物様々ですが、
おみやげ物売り場にはたくさんありますので、
どれを選んで帰ろうか迷ってしまいます。

沖縄の地元民に聞いたお土産ランキングを、
是非参考にしてみてください!

沖縄のお土産ランキングベスト5!

1位から紹介しますね!

1位 シーサー

沖縄といえばこれ!っていうくらいに有名な置物です。

シーサーとは沖縄の家の上や
玄関の入り口両サイドに据え付けられ魔よけの意味を持っています。

本島の狛犬と同じ意味合いを持ち、
家を守ってくれる縁起物です。

シーサーはカラフルな色合いのものも多く、
場所によっては漆喰でできた白いシーサーに
自分の好きな色を着色してお持ち帰りできる
お店も出てきたんですよ。

お値段のほうはピンきりで、
小さいものは安価で変えますし、
立派なものになるとなんと100万円以上の値が付く
シーサーもあるそうです。

沖縄に来るとあちらこちらに売っているので、
ひとつ買って自宅の玄関に飾ってみるのは
いかがでしょうか。

2位 ポーク(缶詰)

そのまま豚ですが、沖縄の人がよく食べる食材です。

豚といっても生肉の豚ではなく、缶詰の豚なんです。

豚をひき肉上にして缶詰に詰めた物
いろいろなお料理に使うことができます。

沖縄ではこのポークをフライパンで炒めて、
横に卵焼きを添えケチャップで食べるポーク卵が人気があります。

それ以外にはカレー、野菜炒め、みそ汁などに
このポークをいれて食べるなどまさに万能缶詰!

実は各地の物産展でもお目見えするこの缶詰は、
地元以外で買うと3倍~5倍ものお値段がします。

気に入ったら買いだめするのが断然おすすめな一品です。

3位 くるま麩

まず、沖縄以外では手に入らないであろう「くるま麩」です。

見た目はまるでフランスパンのような形の大きな麩で、
沖縄料理のフーチャンプルの具材でもあり、
それ以外にもパン粉代わりにハンバーグにすりおろして
使うこともあるそうです。

また、やわらかくしてきな粉や黒蜜などをかけて食べる
麩スイーツなどの食べ方もあるので
食べたことのない方はぜひおすすめしたいです。

ダイエットフードとしても認識され始めているとか・・・

4位 ジューシーの素

食べ物ばかり続いていますが、
沖縄料理のジューシー(炊き込みご飯)が
これ一つ入れることでできちゃうという便利な商品。

ジューシーには豚肉、野菜などが入っており
全て最初から作るのは大変です。

これ一つ炊飯器に入れて、お米と一緒に焚き上げれば
50分ほどで本格的なジューシーができてしまいます。

ただ入っている豚肉が少ない為、
別で豚肉を入れることをおすすめします。

5位 ヒラミ8

色々悩みますが、5位にランクインするのは「ヒラミ8」。

どこでも買える訳ではなく
沖縄のJA農協に行かないと遭遇率が低い商品です。

沖縄のシークワーサーのジュースで濃縮してある為、
水などで割って飲む必要があり
炭酸水などで割りお酒にワンポイントでいれるのもありです。

売ってる場所が限られている為、
JAを見つけたら先に買っておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

沖縄のお土産で他に有名なものって何がある?

代表的なものでいえば

  • 紅芋タルト
  • ちんすこう
  • スッパイマン
  • サーターアンダギー

最近は沖縄の物産展も多いのでよくみる場合も多いですが、
大体このあたりですね。

どの商品がおいしいの?といった疑問も出てきますが、
沖縄の有名な紅芋タルトはナンポーという会社と
お菓子御殿という会社2社が取り扱っており、
値段もほぼ一緒です。

どっちを選んだらいいか迷いますが、
本島ではお菓子御殿の紅芋タルトのほうが
メジャーで喜ばれることも多いでしょう。

また、この中には書いていませんが
塩せんべいといったローカルお菓子も
最近は有名になってきていますね。

最後に

沖縄で唯一お土産が見れる場所といったら国際通りですが、
沖縄に住んで長い人が沖縄のお菓子などを買うなら、
国際通りにいくかといえばNOらしいです。

実はスーパーなどで沖縄のお菓子を
安価に買うことができる
のです。

なので大量に買う方にはスーパーでの
お土産購入をおすすめしますが、
包装紙がないことも多いので他の店の袋を代用するか、
自分で用意するかといったことが必要なようです。

参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする