めんどくさいあなたにおすすめ!お風呂掃除を毎日するためのコツ!

スポンサードリンク

毎日使うお風呂は水を使う場所なので、水垢や石けんカスなど
気になる汚れがたくさんありますよね。

でも毎日使うだけあって、汚れるペースは他の場所よりも早く
その度に時間をかけて掃除するのも簡単ではありません。

ただ、この大変なお風呂掃除も
ちょっとしたコツやポイントを押さえてやれば
いつもより楽に掃除出来るとしたら、知りたいですよね!

面倒なお風呂掃除も、これを読んで楽に済ませましょう!

お風呂掃除は毎日やるべき!?


みなさんはお風呂掃除、どのくらいの頻度でしていますか?

私はほぼ毎日です。

お風呂に入る前に浴槽の中を洗って、
浴槽の外の床をさっと洗うようにしています。

週に1度くらいはカビキラーを使ったり、
使い古した歯ブラシで細かい部分を掃除したりしています。

このようにお風呂掃除を毎日しているという人は4人に1人の割合だそうです。

1回の掃除の時間は5~10分の方が殆どです。

場所もそんなに広くないのでそんなに時間もかからないようですね。

お風呂には水垢とカビによる汚れが殆どで、
湿気の多いお風呂ではある意味仕方のないことかもしれません。

汚れが溜まりやすいお風呂場を毎日掃除しないというのは、
正直衛生的に良くないんじゃないか?と私は感じます。

我が家の場合は小さい子供がいるので、
そのお風呂場で汚れやカビの菌が舞っていると思うと
自宅のお風呂に子供を入れたくはないですよね。

そう考えると、毎日の入浴後にさっと掃除をして
週に1回は入念に掃除をするというサイクル
が衛生面を保つことが出来て
苦労を感じない頻度なのではないかな?と思います。

スポンサードリンク

お風呂掃除でいつもの掃除用品を効率的に使うコツ!

いつもお風呂用の洗剤ってどんなものを使っていますか?

我が家は「カビキラー」を日常的に使っています。

この「カビキラー」を使っているご家庭は多いと思いますが、
どのタイミングで使っているのかでも汚れの落ち具合などが変わってきます。

ポイントは、水気をきちんと取ってから使用する事と、
浸け置きするように少し時間をおいてから擦るのが効果的です。

我が家の場合は、お風呂に入り終わってから水気を取ってカビキラーをします。

そこから翌日まで、だいたい6時間以上は放置してから
シャワーで洗い流すようにすると擦らなくてもキレイに落ちています。

もし、それでも落ちない場合は
黒カビにカビキラーを吹きかけて、サランラップを被せましょう。

空気に触れているとカビは死滅しませんので、
ラップなどを使って「密閉」するようにすると効果的です。

ただし、カビを根こそぎ死滅させるためには半日はかかるので
早めに水気を取ってカビキラーを吹きかけると良いと思います。

お風呂掃除は毎日の掃除でキレイを保てる

毎日これだけの時間をかけて掃除をするのは、決して楽とは言えませんよね。

では、簡単に掃除を済ませるためにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、掃除を楽に、頻度を少なくするには「入浴後」がポイントになります。

入浴後は浴室も浴槽も十分に温まっていて、
私たちの皮脂汚れや石けんカスなども
浮いているので汚れが落ちやすくなっています。

掃除に使うものは市販のお風呂用洗剤とスポンジ1つで充分です。

どうしても「お風呂掃除」と考えるだけで
気が重くなってしまいませんか?

リビングやキッチンの掃除、
片づけなら思い立った時にすぐ実行できるのに
お風呂とトイレの掃除だけはやる気になるまで時間がかかってしまいます。

この面倒なお風呂掃除も、毎日の「入浴後」にさっと掃除をして
あとは浴室を「掃除しやすい場所」へ変えること
が重要なポイントです。

①浴室に物を置かない

皆さんのお家の浴室は、何が置いてありますか?

普段はあまり使わない洗顔、子供のおもちゃ、掃除用具など
物がいっぱいになっていませんか?

浴室に物が多いと、掃除のたびに移動したりするので
時間や手間がかかります。

その手間を省くために、出来る限り浴室には
物を置かないようにすることで
掃除の時間を短く、楽にすることができます。

②掃除用具はぶら下げる

毎回使う掃除用具などは、浴室に置いておきましょう。

床に直接置くと、水気でぬるぬるしたり汚れが溜まったりするので
極力はタオルハンガーのようなものにひっかけておくといいでしょう。

③床に物を置かない

我が家は収納スペースや物をスペースが浴室にないので
床に直置き状態になっています。

でも、これが更に汚れる原因なのが目に見えています。

床と物が接着していると、カビの発生を助けることになってしまうのです!

出来るだけ床には物置かないようにするのが、汚れを増やさないコツです。

④掃除の方法

壁の継ぎ目やドア部分にあるゴムパッキンは、カビが出やすいですよね。

掃除の時に気になるから「擦ってます」という人も
多いかもしれませんが擦ると「ゴムの摩耗が早くなる」ので、
なるべく擦らず洗い流すだけにしましょう。

これだけでも、掃除の効率は上がってめんどうなお風呂掃除が
少しは楽になるのではないでしょうか?

番外・排水口のドロっとした汚れにはこれ!

排水口には石けんカスや髪の毛など、全ての汚れが詰まっていて
さすがに素手で触るのも気が引けちゃうほどですよね。

放置していると水の流れも悪くなり、
さらには臭いがするなんてこともあります。

こういった排水口へ流れる汚れは、
見えませんが少しずつ配管の内側に付いていくものです。

これを放置すると臭いの原因になり、水の流れが悪くなります。

排水口の掃除で活躍するのが「重曹」と「酢」です。

掃除の仕方は以下の通りです。

①重曹を排水口に1/2カップ程度入れます。
②重曹と同じ量の酢を、40℃前後のお湯と一緒に排水口へ流します
③酢と重曹が化学反応で泡立ってきたら、そのまま30分以上放置します。
④時間が経ったらお湯で流します。
※熱湯を流すと配管が傷んでしまうので、注意してください。

最後に

いかがでしたか?

毎日チョコチョコすることで汚れを落ちやすくしたり、
カビ防止になったりするので参考にしてくださいね。

しっかり清潔を保ってすっきりとした気分で入浴しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする