毎日悪戦苦闘!ワイシャツのアイロンは簡単なかけ方を紹介

スポンサードリンク

スーツのお仕事だと毎日ワイシャツをお仕事に着ていくことになりますよね。

毎回クリーニングに出すとなると、自分で洗濯して、アイロンがけをするより大きなコストがかかってきます。

洗濯は洗濯機に任せても、アイロンがけってかなり面倒ですよね?
嫌いな家事ランキングでも上位だそうです。

新社会人が毎日着るものをクリーニングに出すとなると、
昔よりクリーニングのスピードがかなり上がったにしろ、
ワイシャツの枚数も結構必要になります。

初任給が出るまでの1ヶ月近く、生活の基盤もできてないので出費はなるべく抑えたいですよね。

アイロンを楽にするには?

スポンサードリンク
アイロンがけを簡単にしたい場合には、
まず、洗濯からの工夫が必要です。

洗濯の際に、シワをなるべく作らないようにしておくとアイロンがけが非常に楽になります。

洗濯によるシワは主に脱水の時に出来るので、脱水の時間を手動で1分程度にしましょう。

ワイシャツの他に一緒に洗うものがあるときは、手動で脱水を1分程度の1番短いものに設定して、
脱水が終わったらワイシャツだけを取り出し、
他のものはもう一度脱水だけ時間設定をして、脱水をするという方法が良いと思います。

ずっと洗濯機にくっついてて、脱水始まってから1分待って取り出すというのは結構難しいと思いますので。

アイロンがけは必ずアイロンを持っていない方の手で、布を引っ張って伸ばしながらやりましょう。

ワイシャツをアイロンがけするときは、カラカラに乾いた状態ではなく全体が少し湿った状態で行いましょう。
半乾きより少し乾いた状態か、カラカラに乾いてしまっている状態であれば霧吹きで全体を濡らすことが大事です。

アイロンのスチームだと水の粒子が細かすぎて繊維にしっかり行き渡らないので
シワを伸ばすことが難しいという説もありますし、
実際やってみたところ乾いた状態でのアイロンのスチームはあんまり効いた感じがしません。

アイロンはジグザグに動かさずに真っ直ぐに動かしましょう。
アイロンの先の方ではなく先を浮かすような気持ちでお尻の方に重心を置いて動かすとスムーズに動きます。

ワイシャツのアイロンかけ方、襟のポイントは?


せっかくアイロンをかけても襟がシャンとしてないと、
あんまりきれいになった印象になりません。

襟をびしっとするためには、

1、全体を霧吹きで濡らすか半乾きより少し乾いた状態のワイシャツにアイロンのりを吹き付けます。

2、襟の裏側からアイロンをかけます。
アイロンを持っていない方の手でしっかりと襟を引っ張りながら
外側から内側に向かって半分かけます。

3、もう一方も外側から内側に向かって半分かけます。

4、今度は襟の表側も同様に両側から真ん中に向かってかけます。

5、襟の折り目で襟を折り、きちんと折り目がつくように外側から真ん中に向かってかけます。

襟はこれでかなり綺麗になるはずです。

ワイシャツのアイロンかけ方、袖のポイントは?


1、袖のアイロンがけはまず袖口のボタンを外しましょう。

2、袖の縫い目に合わせてシワができないように平らにならします。

3、アイロンで袖口から肩まで一気に折り目を付けていきます。

4、袖口をちょっと引っ張りながら肩から手のほうにかけて全体にアイロンを滑らせます。

5、ボタンがある方を上にして袖の縫い目をしっかり合わせタック(プリーツ)部分は優しく上から抑えるようにかけます。

袖をかけるときはしっかりと布の縫い目を重ね合わせてズレないようにかけるのがコツです。

アイロンかける前にシワにならないようにならしていくのも重要です。

襟袖以外のアイロンがけのコツは、ワイシャツ全体を右半分、左半分に分けて、
外から内に向かってかけると余分なシワが入りにくくなります。

ポケットは上に口が付いていると思いますので、下から上に向かってかけましょう。

アイロンがかけ終わりましたら、水分と熱が取れるまではハンガーにかけておきましょう。
そのまま畳んだりするとせっかくシワを取った部分もシワが出てくる原因になってしまいます。

まとめ


ジャケットを羽織る時のワイシャツのアイロンがけは襟、
袖口などの見える部分をしっかりかけておけば、かなりピシッと見えます!

まずはよく見えるところから意識してかけ、
慣れたら全体を上手にかけれるようになりますので、面倒だと思わずに頑張りましょう!

洗濯時から工夫して、楽にアイロンがけを済ませれるようになると社会人としてスーツで働くことも楽しめると思います!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする