寝具に潜む敵を討て!!布団乾燥機で効率的にダニ退治する方法!

スポンサードリンク

天気や仕事の都合などで、
なかなかお布団を外で干すタイミングが無い場合
みなさんはどうしていますか?

除菌スプレーなども販売していますが、
どうも湿っぽくなってしまってしまいますよね。

そんな時に便利なのが乾燥機です!

自宅にいなくてもセットしておけば、
帰宅後にはふかふかの清潔なお布団が待っています。

今回は布団乾燥機のダニ退治についてご紹介いたします。

見えなくても布団にダニはひそんでいます!

目に見えない汚れやほこり…
実は布団にも目に見えない私たちの敵がいます!

それはダニです。

雨が多い梅雨の時期になると、
ダニは1日1個ほど卵を産みますが、布団には
約32万匹のダニがいると言われています。

ダニはホコリや私たち人間のフケなどを
餌にして生きています。

掃除をしたり、布団を干したりして
ダニを駆除することは出来ますが
布団にはダニの死骸や糞が残っている場合が多く、
寝ている時に寝返りを打つと
その死骸や糞が空気中に大量に舞うのです。

それを吸ってしまうと、
アレルギー性鼻炎や喘息の一因になり、
小さい子供はアレルギーになったりしてしまいます。

大人でも長い期間ダニの死骸や糞が多い生活を続けていると、
ダニが原因で喘息やアレルギー症状を
引き起こす可能性もあるので
早急に対策をする必要があります。

スポンサードリンク

布団乾燥機でダニ退治するための手順

ダニを駆除するために布団を
外に干しているという人は多いでしょう。

ですが、外に30分干しても
ダニはほぼ100%生きています!

寝具の場合は洗濯をしても約8割が生き残るのです。

布団たたきで一生懸命叩いても、
ほとんどのダニは落ちてくれません。

ではどうすればいいのか?

ダニはマイナス13℃でも生命活動を続けます。

ただ、湿度が60%以下になると繁殖を止めることは可能です。

ここで注意したいのは、繁殖を止める事は出来ても
駆除が出来たわけではありません。

掃除機なら吸い取れるのでは?と思うかもしれませんが、
生きているダニは繊維に引っかかり
吸い取る事は出来ないのです!

掃除機で吸い取れるのは死骸や糞のみ、
結果的にはダニの駆除は出来ていない
ということになります。

そこで、ダニの駆除に有効なのが乾燥機です。

洗濯も天日干しもダメなのになぜ?
とお思いかもしれませんが、
ダニの体はタンパク質が多いので
高温状態になるとタンパク質が固まり死んでしまいます。
乾燥機に布団を入れて、約50℃で2~3分ほどするとダニを駆除することができるのです。

乾燥機にかけた後は掃除機で
死骸や糞を取り除きましょう。

布団専用のアタッチメントもあるので、
出来ればそれを使用すると効果は高いです。

大人の布団なら片面40秒、子供の布団なら片面で約20秒かけて
掃除機をかけてください。

布団専用の掃除機などもありますが、
家庭で使用している掃除機でもダニの死骸や糞は
充分に取り除くことができます。

頻度としては、3か月に1回程度で乾燥機に入れて週1回掃除機をかけると良いでしょう。

布団だけでなく寝具や特に枕は
ダニのエサとなるフケが多く付いているので
寝具類も乾燥機に入れる事をおススメします。

ダニを排除して清々しい生活を

ダニは人間の体に影響を及ぼすこともあり、
家族の健康を預かる主婦の方々は特に気になることでしょう。

外に干したから大丈夫!という考えは捨てて、
きちんとしたダニ対策を行い
気持ちのいい睡眠、生活へと変えていきましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする