きちんと話し合ってる?共働きの家事分担で大事な2つのこと

スポンサードリンク

そんな中で仕事、家事、育児と
やるべきことはたくさんあります。

全てをどちらか1人でこなすという事は、
出来る人もいるかもしれませんが
かなりの体力や気力を使い、
それを何年も1人で続けていくというのは
とても大変です。

家庭の中のことでバランスが取れていないと、
些細な出来事でケンカになる原因にもなりかねません。

ただ、少しでも夫婦2人で協力し合うことが出来れば
毎日がすごしやすくなるのではないでしょうか?

昨今の共働きが増えている問題

共働きの家庭で、問題になるのが家事の分担かと思います。

私個人の考えとしては、パートで短時間だし、
家事は女性がやるものという
ちょっと古臭い考えの家庭だった影響なのか、
家事を一任されることに関しては不満はありませんが
「たまには手伝ってほしいな~」と思うことはあります。

きっちり分けてしまうと、
仕事のようになってしまい上手くいかない
という家庭もあると思います。

それぞれのご家庭に合わせて
「平日は奥さん、休日は分担」など
大まかな分担でもいいかもしれません。

出勤の遅いほうがゴミを出す、
お風呂に入っている間に洗濯物を畳む
これだけでも家事の負担は変わってくるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

共働きの家事で夫を動かすために大事な2つのこと

家事を分担出来ない場合は「ちょっと手伝ってもらう」
というようなお願いをしてみましょう。

お願いする時には
「ごめんね!今ちょっと手伝ってほしいんだけど~」
というように
「申し訳ないと思っている!」
というアピールを言葉の中に入れる
事です!

「これやって?」というと
ご主人も「疲れてるのに…」と不満そうになってしまいますが
「疲れてるのにごめんね?」などの少し労わる言葉があれば、
ご主人も「ちょっと手伝おうかな」と思うようになるはずです。

もう1つは「感謝の言葉を伝える」ということです。

それは家事を分担した時だけでなく、些細なことでもいいので
「ありがとう」
「お疲れ様」
「大変だったね」など感謝の気持ちや、
共感の言葉をかけることで
「理解してくれている」という気持ちになります。

もちろん女性も家事、育児、仕事と疲れない日はありません。

「主婦は休みもないし、毎日こっちのほうが疲れてる!」

と正直私も思います。

でも、その言葉は一度のみ込んで優しく「お疲れ様」と言いましょう。

不満な態度や怒った態度は、ケンカの元にしかなりません。

最後に

ご家庭でそれぞれ理由はあるかと思います。

私事ですが、現在シングルマザーで4歳になる子供がいます。

数年前までは共働きの生活をしていました。

当時金銭的な理由で、共働きという生活を選びましたが
私はパートとして働いていました。

金銭面でという理由なら、フルタイムでも良かったのですが
初めての育児と家事、仕事にとこなせる自信がなかったので
最初からパートという希望でした。

時間を気にしながら、あれもこれもと過ごす日々は
充実した毎日とはかけ離れているかもしれません。

私の場合は子どもが保育園に行っている間が、
唯一の1人の時間でしたし
家族以外の人と会話をする仕事が
息抜きのようになっていました。

仕事と育児を両立しようと思うと、
誰かが何を言ったわけでもないのに
「自分1人で一生懸命やらなきゃ」
と勝手に苦しんでいました。

夫婦というのは協力し合うものですが、
互いに少しは不満を持っています。

その不満をどう解消するかがポイントになるのではないでしょうか?

解消方法はそれぞれで、不満をぶつけ合うのか、
他のことをして発散するのかただひたすら我慢するのか…。

いろいろと方法はありますが、解消のきっかけとして
ありがとう」という相手からの感謝の一言なのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする