いざというときに知っておきたい夏風邪・子供の症状の対処は?

スポンサードリンク

夏になると子供の間ではやる夏風邪。

ずっと元気に遊んでたと思ったら、
いつの間にか風邪をひいてしまい、心配ですよね。

私も夏に風邪をひくタイプの子供でした( ;∀;)

特に夏は、子供も大人も楽しみな夏休みがあります。

風邪をひいたらせっかくの旅行計画も
白紙になってしまいます。

お子さんのためには仕方ないですが、
できれば楽しそうに遊ぶお子さんの姿をみたいですよね。

夏にはやる子供の風邪の症状や、対策をご紹介致します。

夏風邪で子供の症状はどんなものがある?

暑い夏でも油断できない、子供の三大夏風邪をご紹介します。

手足口病

症状:37.5℃ほどの熱が出て、
手のひら、足の裏、口の中、お尻に米粒ほどの発疹
が出ます。
口の中に発疹が出てしまうと、潰れることが多いです。

唾液や鼻水、くしゃみなどの飛沫感染や、
発疹、便を介して感染する恐れがあります。

やっかいなのは原因になるウイルスが3種類ほどあり、
2~3回感染する場合があります。

プール熱(咽頭結膜熱)

症状:38.5度以上の高熱が3~4日ほど続きます

のどの腫れと痛み、目の充血、目やにが出ます。

高熱が5日ほど続くこともあります。

頭痛・腹痛・下痢をしてしまうこともあります。

プールと名前のつく風邪なので、
プールで感染することが多いです。

他に唾液、便を介しての経口感染や、
目やにからの接触感染があります。

ヘルパンギーナ

 
症状:39度前後の急な発熱や、喉の奥に水疱ができます。

水疱が破れると白い潰瘍になり、とても痛いです。

熱は3日ほどで下がりますが、喉の痛みは約1週間続きます。

ウイルスによる感染が原因で、
主に唾液などの飛沫感染が多いです。

このように夏風邪の特徴は38℃近くの熱が出たり、
下痢などをしてしまうのが特徴
です。

上記3つの夏風邪の感染経路をみていくと、
飛沫感染がかかりやすい1つになっています。

暑い夏のマスクをさせることはさすがに酷かもしれませんので、
きちんと手を洗いましょう。

手洗いは手のひらをゴシゴシ洗うだけでなく、
手首まできちんと洗います。
そして約30秒間流水で流します。

これだけでだいぶ防げます。
そして、手を洗ったら念入りにうがいをし、
咳やくしゃみをするときは、
手で必ず口を塞ぐように教えてあげたいですね。

スポンサードリンク

自宅でできる高熱の場合の対策。ひどい場合は早めに病院へ

子供の高熱が出たときは早めに病院にいくことも大事ですが、
すぐに連れて行けない場合。正しい看病をしてあげましょう。

1.水分補給

夏は汗をかきます。水分補給はとても大切ですね。

子供用のイオン飲料や麦茶、白湯などを少しずつ飲ませて、
水分補給をさせてあげましょう。

柑橘系飲料は喉にしみるので、避けてあげてください。

またご自宅で経口補水液を簡単に作れます。

材料 

  • 水1L
  • 砂糖大さじ4と1/2
  • 食塩小さじ1/2

全て一緒に入れて混ぜるだけです。

家になにもない場合や、
外に買い物に行けないときに簡単に作れて嬉しいですね。

2.食事

風邪をひくと大人でも元気がなく、
子供もいっぱいいっぱいです。

最初はプリンやゼリー、ヨーグルトなど
子供の好きそうなものから食べ、
徐々におかゆやスープなども
食べさせるようにしましょう。

3.室内環境 

暑い夏にエアコンをつけることが多いと思います。

風が直接体に当たらないように注意してあげましょう。

4.お風呂

熱があるうちは、お風呂に入るのも体力勝負です。

辛いときは無理せず、
体を拭いてあげるなど清潔を保ちましょう。

これだけ自宅で看病しても全くよくなる気配がないときは、
早めに病院へ行きましょう。

子供の夏風邪は長引きます。
ご家族の方も感染しないように、気を付けてくださいね。

まとめ

子供の夏風邪はしぶとく長いです。

体力が大人ほど無い為、すぐに消耗してしまいます。

高熱・腹痛・下痢の症状が続いた場合は
すぐに休ませましょう。

そして、なにより風邪をひかないように予防が大切です。

毎日お子さんと一緒に手洗い、うがいをしてあげると
コミュニケーションにもなりオススメです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする