ご祝儀袋を包むふくさは用意してある?結婚式での使い方

スポンサードリンク


初めて結婚式に参列する人には聞きなれないかもしれませんが
慶事や弔事で金封を持っていく際には、「袱紗(ふくさ)」と呼ばれる
布に金封を包んで行くのがマナーです。

ただ適当に包めばいいというものではなく、
その包み方や使い方にもいくつか決まりがあるので、
社会人のマナーとしてぜひ身に着けておきましょう。

袱紗の役割とは?


ご祝儀袋を、かばんやポケットから、裸のまま取り出したり
購入した時に入っていたセロハンの袋に入れたままで出すのは
マナー違反であり、社会人としては恥ずかしい行為です。

袱紗はもともと、贈り物を汚さずに運ぶために用いられ、
「気を配っています」という礼儀を示すものだとされてきました。

現在でも、ご祝儀袋が汚れたり、
水引の形が崩れることを防ぐといった実用的な役割と、
「言葉に表せない思い」を包んでお渡しするという
相手への心遣いを表現するという役割があります。

また、金品の受け渡しをむき出しでしないという
日本人の奥ゆかしさもそこに込められています。

袱紗の中にご祝儀とともに「心」や「思い」を一緒に包み、
お気持ちごとお渡しするというように考えましょう。

袱紗の使い方。結婚式だとどうする?


袱紗の使用方法は慶事と弔事では少し異なるので注意が必要です。

結婚式での使い方は以下の通りです。

1.広げた状態で、ひし形になる向きに袱紗を置きます。
2.袱紗の中央からやや左寄りの位置にご祝儀袋を置きます。
3.袱紗の四隅を、左→上→下→右の順に折りたたみます。
4.左側のはみ出した部分を内側に折り込んで完成です。

最近では、封筒の形状をした袱紗も多く市販されており、
一般的に使われていますので、
たたむ手順を省きたい人はこのタイプの袱紗を用意するとよいでしょう。

実際にお渡しする際には、左手に持ち、
右手で袱紗を開いて取り出します。

そして、祝儀袋に書かれた文字を先方が読めるように向きを変えます。
袱紗はたたんで、受付台の上などに置き、
ご祝儀袋を両手で持って渡します。

袱紗を置く場所がない場合にはたたんだ袱紗の上に
祝儀袋を置いてもかまいませんが、
必ず祝儀袋は両手で持って渡すようにしましょう。

袱紗はどこで購入できるもの?結婚式と葬式は同じもので大丈夫?


袱紗にはいろいろな色や種類がありますが、
結婚式等の慶事では、赤やピンクといった暖色を選ぶようにしましょう。

紺色や緑などの寒色系は弔事用です。

暖色は「喜び」「祝福」「華やかさ」を表現し、
感触は「悲しみ」「落着き」を表現する色であるとされているので
その場にあった色の袱紗を必ず用意しましょう。

また、紫の袱紗であれば、慶事・弔事どちらでも使うことができます。

男女問わず使える色でもあるので、悩む人は紫の袱紗を
1つ用意すれば重宝します。

袱紗は、次の場所で購入することができます。

・インターネットショップ
 様々な種類の袱紗が販売されています。
急ぎでないのであれば、インターネットサイトでじっくりと
 選ぶのもよいでしょう。

・デパート・大型スーパー
 フォーマルスーツ売り場や呉服売り場に置いてあります。

・紳士服販売店

・大きな文房具店

最近では、100円均一も販売がされていますが、
これから長く使うのであれば、ある程度の金額でしっかりとした物を
1つ用意しておいたほうが良いでしょう。

万が一、袱紗を用意できなかった場合には、小さなふろしきや
ハンカチで代用してもかまいません。

まとめ

袱紗を正しく使うことは、
礼儀や伝統を重んじる日本人にとってとても大切なことです。

一度購入すれば、その後何度も買い替えることなく、
長く使っていくことができるものですので、
ぜひこの機会に、自分らしいお気に入りの
袱紗を選んで購入してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする