ちゃんとやらないと心象悪化!?お中元をお返しする時期はいつまでが適当なの?

スポンサードリンク

「え?なにお中元?」

頂いた嬉しさやありがたい気持ちもありますが、
予想もしなかった方から頂くと、

「先に頂いちゃったよ!」

「お返しどうしよう!?」

と焦りや悩みの気持ちのほうが
大きくなることありますよね。

普段頂く機会が無いと、
尚更そう思うのは当然です。

お返しを考えるにも、

「なにを贈ったら良いのかな?」

「金額は?」

「いつまでに?」

など、相手の方の好みやお礼状、
お返しなどを配慮する必要が少なからずあります。

そしてあまり考えすぎると、
お返しの時期を過ぎてしまいます

もうお中元ってなんなんだー!!状態ですよね(笑)

お中元とは?

本来お中元とは
「日ごろお世話になってる方に、
感謝の気持ちを伝えるため」
の贈りものです。

とはいえ、最近のお中元は
半ば義務的なものがあります(笑)

そして一般的な送り先は、
会社の上司やお世話になった取引先、
結婚すると身内や義理両親・兄弟です。

身内だと楽にできることも、
上司だと気を使いますよね。

でも、わからないことは学べば大丈夫です。

お中元のお返し時期や、
お礼状について確認していきましょう。

スポンサードリンク

お中元をお返しするのはいつぐらいがいい?

お中元は「普段の感謝の気持ち」を贈り物で表しています。

お返しするものも悩みますが、
いつお返しいたら良いんだろう??
とお返しの時期も考えますね。

お中元は贈られる側は
お返しを必要としません。

品物を返すのではなく、
お礼状を送るのが一般的です。

しかし、あなたが頂いた相手は上司の方なら
なんとなくお礼状で済ませるわけにはいかないし、
普段お世話になってる上、
感謝の気持ちには感謝を贈りたいですよね。

お返しの時期

お返しの時期は頂いてから
少し時間を空けるのがベストです。

後日に贈るので名称は
暑中見舞い」や「お年賀」になります。

上司など目上の方には、
暑中御伺」や「残暑御伺」だと印象がよくなります。

表書きは贈る時期によって使い分けましょう。

表書きの使い分け方

お中元・・・7月初旬から15日まで。
暑中御見舞・・・7月16日から立秋の前日まで。
残暑御見舞・・・立秋に入ってから処暑まで。

関西などは、贈る時期が
月遅れの8月初旬から15日までです。

その場合のお返しは、
16日~処暑までの残暑見舞いになります。

もし今後、お中元を頂いても
お礼状のみで平気な先方の場合は、
品物を受け取ってから
3日以内にお礼状をポストに投函しましょう。

あるいは、お礼状を出す前に
1本電話でお礼を伝えても良いですね。

お中元をお返しするときにお礼状も付けるべきなの?

お中元のお返し、
時期に悩んだあとはお礼状です。

お中元にはお礼状をつけるのが常識です。
必須!と言っても過言ではないですね。

お中元を頂き、お返しを送る際に
お礼状が入っていると、
相手方のあなたの印象は
「常識のある人だな」と思って頂けます。

悪い印象より良い印象で、
円滑なお付き合いをしていきたいですよね(笑)

少々面倒ですが、
この先も使うことはない事はないでしょう。

覚えておいて損はないです。

お礼状の書き方 

ビジネス文書のような内容で書けば、間違いありません。

文章の流れは

・季節の挨拶・品物を頂いたお礼
・自分達の近況
・相手への気遣いの言葉

などです。

そして肝心の書き方ですが、
はがきに手書きで縦書きに書きましょう。

字に自信がない人でも、
なるべく焦らずに落ち着いて心を込めれば大丈夫です!

そして、お硬い文章が苦手な人はなるべくわかりやすく、
下記サイト参考にしながら、自分の言葉で書いてみましょう。

お中元の送り状とお礼状
http://proportal.jp/tyuugenn/tyuugenn6.htm

例文.jp
http://例文.jp/314_1.html

まとめ

お中元のお返し、
お礼状や時期など日本のしきたりがたくさんあり、
慣れていないとどうやってお礼したら
お相手に失礼がないのか悩んでしまいます。

でも、1度経験してしまえば大丈夫ですね。

お礼状の参考文は、
インターネット上にたくさんあります。

色んな文章を参考に、
あなたらしくアレンジを入れてみるのは
いかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする