必見!快適な生活空間のために!生ごみの臭いを抑える方法決定版!

スポンサードリンク

梅雨時期や夏場、
昨日捨てたはずの生ごみが
かなりの悪臭を放っていることありませんか?

この時期は気温が高く
生ごみが腐敗しやすい時期なのです。

今回は、生ごみがなぜにおうのか、
またにおいに対する対処法と
消臭スプレーについてご紹介したいと思います。

なぜ生ごみはにおうのか?!

生ごみから臭いが発生するのは、
菌やカビの増殖、腐敗が原因です。

生ごみは適度に水分を含んでいたり、
水場で濡れていることが多いので
カビの温床になります。

また、においが強くなる原因は菌にあります。

菌の種類としては嫌気性細菌
と呼ばれるものが大きく影響します。

この菌は、酸素がない場所で活発になります。

嫌気性細菌は活性化すると悪臭を放ちます。

これが、生ごみが臭くなる大きな原因です。

生ごみは、家庭のごみ箱に捨てていると、
常温で生ものを保管している状態なので
腐敗しにおいを放ちます。

つまり、濡れた生もの 
⇒ 臭くなるからとビニール袋に密閉してゴミ箱へ
⇒ 常温で生ものを保管し腐敗
⇒ 悪臭
とつながっていくわけです。

においを抑えるために工夫できること

生ごみのにおいを増強させる原因となるポイントがあります。

水分
酸素
温度

この3つを排除することで
生ごみのにおいをお朝得る工夫ができます。

【水分を断つ】

水気を切って破棄することで菌の増殖を防ぎます。

新聞紙に包んで捨てたり、
生ごみを三角コーナーに捨てて濡らしてしまうので
別の場所に一時破棄をするなどの工夫があります。

【酸素を与える】

におうからと言って、
生ごみをビニール袋に密閉して
破棄することは逆に嫌気性細菌の増殖を助長します。

すると悪臭の原因になりますよね。

生ごみを入れたものの口を縛らずに
外に保管する
とにおい対策になります。

ただ、屋外では虫や猫、
カラスなどに荒らされる恐れがあります。

【温度を上げない】

生ごみの腐敗を防ぐために、
常温で生ごみを捨てないことがポイントになります。

ごみの収集日まで冷蔵庫や冷凍庫で保管して、
菌の増殖を抑えることでにおい対策になります。

【その他】

コーヒーや、お茶のでがらしなどを
生ごみに混ぜてにおいを和らげる
方法もあります。

高価なものになりますが、
家庭用の生ごみ処理機を設置するのも
におい対策において有効です。

安いものでは2万円台で手に入るものもあり、
かなりコンパクトなものもあるので、
興味のある方は近くの家電量販店にて
探してみてはいかがでしょうか。

以上、いくつかにおい対策の工夫を紹介しました。

次に、ちょっとした裏技的なものをご紹介いたします。

スポンサードリンク

生ごみの消臭スプレーをお酢で代用できる?!

生ごみのにおい対策にはいろいろなものがあります。

生ごみの消臭スプレーもその一つです。

においの原因となる生ごみは酸性です。

この酸性に対してアルカリ性の重曹スプレーをすると、
中和されて匂いが出ません。

また、アルコールスプレーをすることで、
菌の繁殖を抑えることもできます。

こちらで紹介するのは、
お酢使った消臭スプレーをご紹介いたします。

お酢は抗酸化作用があり、
生ごみのにおいを防いでくれます。

「お酢スプレーの作り方」

  1. スプレーボトルに酢を50ml入れる
  2. 水を150mlから200ml入れる
  3. 蓋を閉めて、軽く振りながら使用する

スプレーボトルは100均で手に入れることができますので
是非一度試してみてはいかがでしょうか。

お酢のにおいがきついという方は、
前述した重曹やアルコールを
試してみてもいいかもしれません。

まとめ

生ごみのにおいは、水分・酸素・温度が関係します。

原因はカビや菌、腐敗などがあります。

気軽にできる対策を載せているので
是非一度試してみてください。

生ごみのにおいを解消して快適な生活が送りましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする