絶対に寝られない時に使ってほしい、とっておきの眠気解消方法

スポンサードリンク

こんにちは。寝ても寝ても眠い時ってありますよね。

私も毎日そんな状態です。

仕事をしている時は自分で手や頭を使っているからいいのですが、
学生時代に勉強をしている時は、
比較的動作を停止させて考えている時間が多いと、
よくいつのまにか意識がどこかに飛んじゃっていました。

どうしたら眠気が吹っ飛ぶのか、
自分で調べたり他の人から聞いたりしました。

調べた中からこれは効くと思ったものを
まとめて紹介しますね。

眠気解消のための工夫


眠気を解消するには、
飲食物
ツボ押し
ちょっとした運動など、
色々な方向から攻めることができます。

食べ物

単に気を紛らわせるだけなら、
お菓子やインスタント食品など、
簡単に食べられるものを
摂取するのがいいでしょう。

顔周辺に軽く刺激を与えたいときには、
フリスクやガムなどがおすすめです。

ツボ押し

眠気を吹っ飛ばすツボは、
手に多くあります。

中指の爪の、人差し指側の生え際から
2ミリ程度下にある「中衝」というツボです。

逆の手の親指と人差し指で、
中指をつまむようにして強めに押します。

手の甲側の、親指と人差し指の間、
筋肉が盛り上がっているところに「合谷」というツボがあります。
逆の手の親指と人差し指で挟みこむようにして強めに押します。

手のひらのほぼ中央で、手を握ったときに
中指の先が当たるところにあります。
ボールペンなどで、
腕までズーンと響くくらいの強さで押しましょう。

上半身の血行を良くするので、肩こりにも効果があります。

また、耳の周りにある固い骨の外側も効果があります。
髪の生え際の柔らかくなっている部分です。

そこを親指で押したまま5秒キープします。
それを3セットです。

ちょっとした運動

イスの高さを変えてみたり、
冷たい水で手や顔を洗ったり、
外気に触れて深呼吸したり、
誰かと話したり、
伸びなどストレッチをしたり。

休み時間に少しやってみるのもいいかもしれません。

授業中でもストレッチなどはできるでしょうし、
本当にどうしようもない場合は
ひたすら黒板に書いてあることを写したり、
それでも暇を持て余す場合は、他のところを予習したり、
(あまりよろしくないけど)本気で落描きしてみるなど、
とにかく必死になれることをしてみましょう。

おすすめの眠気覚ましドリンク

某メガシャキなどの「眠気覚ましドリンク」と
銘打ってあるドリンクはなかなかお値段がかかりますので、
懐がさびしい人にはあまりおすすめできません。

それ以外だと、カフェインの入っている飲み物がやはり有効です。

カフェインは興奮作用を及ぼし、
眠気やだるさを取る効果が期待できます。

一番多く含まれているのはコーヒー・・・と思われがちですが、
実はコーヒーよりも玉露・紅茶のほうが多く含まれています。

なので私は、水筒に熱湯と紅茶のパックを入れておいて、
ふたをせずに少しだけ冷ましておいたものを
毎日持って行っていました。

結構濃いです。

休み時間ごとに少しずつ飲んでいました。

すると、眠りに落ちてしまうほどの眠気は一切なくなりました。

紅茶がダメな人はコーヒーでもOKですよ!

最後に

いかがだったでしょうか?

寝ても寝ても眠たいのは、若いうちは特にそうだと思います。

それでも起きていなければいけない状況というのは、
今後も必ず出会うはずなので、
そんな時はぜひ、この方法を試してみて下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする