中学受験に塾選びは必須!?学習のスタートが遅れると大変なわけとは?

スポンサードリンク

中学受験ともなると、
高校受験や大学受験と違って
周りに受験するお子さんが少なくて、
情報収集に困ることがありますよね。

実際私は小学生の時、
中学受験をしようとする子にさえ
であったことはありませんでした。

そんな情報の乏しい中学受験についての情報を、
こちらでまとめていきたいと思います。

中学受験の塾選びで抑えたいポイント

中学受験を突破するには、
基礎を固めることはもちろんですが、
さらに深く思考しなければならないような
問題
にも立ち向かわなくてはなりません。

しかし、普通の学校(公立など)では、
さらに難しい問題というのは
ほとんど扱わないことも多いです。

そのため、学校とは別に塾に通うか、
中学受験用の問題集を購入して
解かせる必要が出てきます
(もちろん、中には自力で
頑張れちゃう子もいますが)。

後者に関しては、
親御さんが解説してあげる必要があります。

親御さん自身が自力で解ける必要はないですが、
解説を見つつ、「なぜこの答えが正解なのか。」
ということを理解してもらえるような
解説をしましょう。

前者に関しては塾を探さなければいけませんよね。

しかし、どのような塾に通わせればいいのでしょうか?

簡潔に申し上げますと、家に近い塾に連絡をして、
「中学受験には対応していますか?」
と聞くことが最も手っ取り早いです。

通うのは小学生のお子さんであるわけですから、
家に近いというのは必須ですよね。

そうなると、全国に乱立している
塾の中から絞られます。

塾によっては中学受験の指導ができる
講師が全くいない場合もあります。

そのため、塾へ実際に行く前に
この点は確認しておきましょう。

初めにも申し上げましたが、
高校や大学受験と違って
中学受験は経験した人が少ないです。

ですから指導できる講師もその分少ないからです。

塾を探す際に
気をつけていただきたいことが
もう1つあります。

それは、「どの程度面倒を見てくれるのか
ということです。

実際に塾長と話すときに、
親御さんができること/できないことを
伝えておきましょう。

例えば、
「まったく解説ができないので、
すべて面倒を見てほしい。」、

「問題ごとの解説はできるけど、
長期にわたってどのように
勉強を進めたらいいか分からないので、
カリキュラムをしっかり組んでほしい。」
などです。

ここを明確にしておかないと、
実際塾で勉強してみてから、
「意外と面倒見てくれないな・・・。」
と感じてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

中学受験の勉強はいつ頃から始める?

基礎を踏まえた上で
さらに難しい問題を解けるように
ならなければいけません。

そのため、6年生までの学習内容を
早めに学習し終えて、
難しい問題に挑戦しなければなりません。

つまり、予習をする必要が出てくるということです。

多くの進学塾では、3年生の3学期からカリキュラムが作られています。

その時期から学校の学習進度よりも
速く学習しなければならないということです。

6年生の夏休みには小学校6年間の学習内容を終了させ、
2学期からは6年間の内容の復習と、
さらに難しい問題に着手していき、
志望校が決まったら過去問題に取り組む必要があります。

最後に

いかがだったでしょうか。

今回お伝えした中で心に留めていただきたいことは、

・難しい問題が出る割に普通の学校では扱われないということ
・難しい問題を扱うために早いとこ6年間の内容を予習すべきだということ

です。この2点に注意して勉強を進めるようにしましょう。

今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする