皮膚に赤いぶつぶつ!?夏を快適に過ごすための赤ちゃんのあせもケア!

スポンサードリンク

これからの季節、大人も子供も汗をかいて
体中ベタベタになってしまいますよね。

特に小さい子は汗を拭くことが出来ずに、
あせもになってしまう子が殆どです。

赤ちゃんはオムツをしているので、
おつむの中で大量の汗をかき
そのままにあせもになってしまうことも多く
お母さん達は着る物や室温などに困る事もあるでしょう。

今回は赤ちゃんのあせも対策についてご紹介します。

なぜ赤ちゃんはあせもが出来やすいの?

大人になってからあせもが出来た
という人はあまりいないでしょう。

なぜ、赤ちゃんはあせもが出来やすいのかご存知ですか?

赤ちゃんは体温も高く、汗の出る汗腺が
大人よりも多いため汗っかきなのです。

あせもというのは、
汗の通り道である汗管が詰まって、
皮膚の中に汗が溜まっている
水泡の状態のことを言います。

なので、汗っかきな赤ちゃんは
大人よりもあせもが出来やすいのです。

スポンサードリンク

赤ちゃんのあせもケアには何が効果的?

赤ちゃんは、
首・背中・脇・頭・手足
あせもが出来やすいので
注意して見てあげてください。

エアコンを使う

気温も湿度も高くなる真夏や梅雨の時期は、
あせもが出来やすい環境です。

除湿の機能などを上手くつかって、
適温を保つように心がけましょう。

冬場は寒くなるからと、
温度を上げすぎると逆に汗をかいてしまうので
気を付けてくださいね。

夏場は27℃前後冬場の暖房は20℃前後が適温と言えます。

衣服の素材に気を付ける

いくら気にしていても、
外出すると暑さをしのぐのは大変ですよね。

そこで気を付けたいのが衣服の素材です。

通気性と吸湿性の良いものを選びましょう。

通気性が悪いと、服の中で蒸れてしまいます。

通気性がよいのでオススメです。

冬場でも、厚着には注意が必要です。

大人より1枚少なく!というくらいが
赤ちゃんにはベストですよ。

ベビーパウダー

あせもやただれなどを
予防する効果のあるベビーパウダーはおススメです。

汗など水分を吸収してくれるので、
蒸れやすい場所に付けるといいのですが
汗をかいた後は粉をきちんと払い落して、
付け直しましょう。

できるだけあせもを作らないためには

先ほどのベビーパウダーもそうですが、
対策グッズを上手に使うことで
あせもを予防することが出来ます。

保冷グッズ

チャイルドシートや
ベビーカーの背中部分に使えるものや
冷蔵庫などで冷やして、
首や手足に巻けるようなタイプの物があります。
 

汗取り

衣服の背中部分に入れて使うものです。

汗をかいたらするっと抜き取るだけなので、
着替えの手間も省けますよね。

汗をかいたな~と思った時に入れても
効果はあるので大丈夫です。

入浴剤

桃の葉やカミツレの成分は、
軽い症状のあせもや予防として効果が期待できます。

気になる場合は、天然由来成分の物や、
同様の成分でローションなども
市販にあるので使ってみるのもいいでしょう。

もしもあせもになったら

どれだけ気を付けていても、
あせもになってしまうことはあります。

そんなときはどうしたらいいのでしょう?

湯船よりもシャワーにする

症状が軽い場合は、
ぬるめの温度にしてあげましょう。

症状が重い場合は湯船に浸からず、
シャワーで汗を洗い流すようにしましょう。

体が温まると痒みが増すので、
ぬるめの温度が最適です。

冷やしてあげる

体が温まると痒みが増すので、
赤みが酷い時や痒そうにしている時は
冷やしてあげるといいでしょう。

その時は、室温や服で
体温調整してあげるのも忘れないでください。

赤ちゃんが快適に過ごすために

赤ちゃんは自分の症状を言葉にすることが出来ません。

痒みのせいで泣くこともあるでしょう。

周りの大人が気を付けて
見てあげることが必要ですので、
今から少しずつ夏に向けての
準備を始めて予防、対策に努めましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする