水筒だっておしゃれに機能的に決める!キッズ用水筒の選び方教えます!

スポンサードリンク

遠足や家族での外出にも欠かせない子供の水筒。

今はキャラクター物から、
長く使えるデザインや機能性の高いものまで様々です。

幼稚園や保育園でも遠足の時は
お弁当と水筒をセットで持たせることも多く
休日のちょっとした外出や外遊びでも
活躍する物ですよね。

子供の成長にも欠かせない
水筒についてご紹介します。

子供に水筒を持たせる理由

最近は小学校などでも
水筒持参OKの教育現場も増えてきました。

とは言え、まだまだ教育現場では
水筒の持ち込み禁止というところも多いのですが
遠足や家族での外出などに
水筒を持参する方は多いです。

なぜ、水筒を子供に持たせるのでしょうか?

理由は様々です。

例えば、公園などには水飲み場があるのが
大抵ですが衛生面を考えると
決してキレイとは言い難いのが事実です。

いくら水道水と言っても、
常に外にあるものですし家庭の水道と違って
不特定多数が利用する物なので不衛生であるのは確かです。

もう1つは熱射病や熱中症対策のためです。

夏場になると毎年と言っていいほど
熱中症などによる緊急搬送のニュースを見かけますよね。

特に子供は気温などお構いなしに
外で遊ぶことに夢中になってしまいますので
少しでも対策になれば…と
子供に水筒を持たす親は多いです。

さらに、節約のためという方もいます。

確かに自販機やスーパーで
その都度飲み物を購入するとなると、
それなりにお金はかかりますよね。

例えば500mlのペットボトルが安いもので80円程度です。

80円(500ml1本)×4本=320円

これは体重20kgの児童が
必要な1日の水分量が1.2~1.6ℓ(約2ℓ)と
考えた時の場合です。

これが更に1か月分となると
320円×30日=9600円
約1万円も外出時の飲み物だけでかかるのです。

さらに言うと年間だけでも
12万近いお金が、飲み物だけで消費されます。

この計算は単純計算なので、
外出する日にちが少なければもっと少額で済みますが
みなさんのご家庭では飲料水だけで
いくら使っているか把握していますか?

購入するかどうかはご家庭それぞれですが、
これだけの金額がかかるなら…と
自宅から水筒で飲み物を持参される方もいらっしゃるのです。

スポンサードリンク

水筒選びのポイント


水筒を選ぶときのポイントはこの3つです!
 ・素材 
 ・飲み口
 ・サイズと容量
この3点を考慮した上で、お子さんに合う水筒を選んでくださいね。

①素材

主になるのはプラスティック
ステンレスの2種類です。

プラスティックは軽いのがメリットです。

小さいお子さんなら、軽いほうが
自分で持ち歩きできるのでいいですよね。

そういった面で見ると、
プラスティック製の水筒は
デザインもお子さん向けのキャラクターなどが
豊富
なのもメリットです。

ただ、保冷機能がないために
暑い時期は中身の劣化が早いのがデメリットです。

軽い素材なので衝撃に弱く壊れやすく、
温度変化や横にすると漏れることも多々あるのは心配です。

ステンレス製のメリットは
保冷と保温の機能性が高いことです。

中身の劣化を防ぐことが出来るので、
長時間の外出や気温の高い日に良いです。

ステンレス製なので重いのがデメリットになりますが、
最近では軽さを重視した
ステンレス製の水筒も販売されています。

②飲み口

ストロータイプは小さい子でも
安心して飲める
のがメリットですが
ストローの中まできれいに洗えなかったりと、
雑菌が繁殖しやすいので注意が必要です。

直飲みタイプは、コップが使えない
月齢のお子さんも飲むことが出来ます

ただ飲み口に直接口を付けるので、
長時間置く場合は飲み口部分に付いた
唾液などから雑菌繁殖の可能性があります。

コップタイプは衛生面から見ると
一番清潔かもしれません。

ただ小さなお子さんだと
コップに注ぐというのが難しかったりもします。

③サイズと容量

サイズや内容量は用途や幼稚園、
保育園の仕様によって変わってきます。

中身を補充してくれる場合もありますし、
自分の分は自宅から…とそれぞれです。

補充してくれる場合なら
300~400ml程度の容量があれば十分でしょう。

補充が無い場合は400~600ml程度の
容量は必要かと思います。

お子さんによって飲む量も変わるので、
お子さんに合わせて選ぶといいでしょう。

かわいいキッズ用水筒5選

☆サーモス 真空断熱

ステンレス製のストロータイプの水筒です。

デザインは2種類と少な目ですが、
保冷性も高いので暑い日にもおすすめです。

内容量は400mlで、
専用のポーチが付いているのも可愛いです。

☆ドウシシャ カルドカラーズ 2WAYキッズボトル

この水筒のポイントはコップと
直飲みの2パターンを使い分けられる事です。

ステンレス製の真空二重構造なので
保温・保冷もばっちり。 

内容量も600mlと大きいので、
小学生くらいのお子さんにもおすすめです。

☆ふわふわAir 2WAYキッズボトル

450mlと充分な容量のステンレス製ですが、
軽くて持ち運び簡単なのがこの水筒のポイントです。

カバー付きのため、お子さんが外で落としてしまっても
傷が付きにくいので安心です。

コップと直飲みの使い分けができます。

☆スキップホップ zoo Straw Bottle

350mlと容量は少な目ですが、
スライドするだけでストローが出てくるので
小さなお子さんも簡単に飲むことができます。

デザインも豊富で、マジックテープ
付きのストラップが付いているので
ちょっとした外出でも、ベビーカーにかける
ことが出来るので便利です。

☆スケーター ぼんぼんりぼん ステンレスボトル

家事をするお母さんには嬉しい、
洗いやすい広めの口径になっています。

コップと直飲みが出来るのが良いですね。

サンリオキャラクターのデザインが
豊富なのも女の子には嬉しいです。

容量も600mlと大き目のサイズになっています。

最後に

このように、水筒はデザインから機能性まで様々です。
お母さんの使い勝手と、お子さんの使い勝手、両方に合うものを見つけてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする