寝ている間の危険な兆候?寝言を叫ぶのはもしかして病気!?あなたは大丈夫?

スポンサードリンク

一緒に寝ていると
「うるさい!」と
奥さまから怒られていませんか?

主にうるさいと怒られることは、イビキが身近ですね。

しかし実は旦那さんのイビキの他に、
寝言に迷惑している奥さんが、世の中にたくさんいます。

寝言はボソッと言うイメージがありますが、
もっとハッキリした寝言を言う人もいれば、
中には叫ぶ人までいます。

夜中に叫ぶような寝言が続いたらどうでしょうか?

夜中の暗闇で怖いし、ビックリしてしまいます。
奥さんも辛いし、時々怒られるあなたも辛いですね。

そんな誰でも身近な寝言ですが、
度を過ぎると病気の可能性も
出てきます。
見過ごすと危険な場合もあります。

悩んでるこのタイミングで一度、
ご自身について見直してみませんか?

うるさい寝言の原因は?

うるさい!と言われる寝言。
当の本人はまったく自覚がないので、
余計に困ってしまいます。

寝言はどんな時に起きているのでしょうか?

寝言の種類は2つあります。
そして寝言は、レム睡眠、ノンレム睡眠時に起こっています。

1.眠りが浅い睡眠時(レム睡眠)、に言っている寝言は、
見る夢に沿った内容を話していることがほとんどです。

浅い眠りには、
「ごにょごにょ」とよく聞き取れない寝言を言う場合が多いです。

2.深い睡眠時(ノンレム睡眠)の寝言では脳は寝ていますが、
体は起きているのではっきりした寝言を言う特徴があります。

ひどい人は体は自由に動いてしまうので、
夜中に歩き回る人までいます。

なぜ寝言を言うの?なにが原因で寝言を言うの?

主に精神的ストレスが原因といわれています。

寝ている間にどなったり、叫んだり、
うなされている場合は、
ストレスが原因と考えて間違いありません。

もしこのような、
どなる・叫ぶ・うなるなどの寝言の場合は、
病気の可能性もあります。

どんな病気があるの?

外傷後ストレス障害

生死に関係する事故や事件に巻き込まれた場合、
悪夢をみてうなされることがあります。

睡眠時無呼吸症候群 

うめき声や喘ぎ声が多く、はっきりとした言葉になりません。
寝言+いびき・呼吸停止が伴うときは、
この病気を疑いましょう。

ナルコプレシー 

寝言には感情的なものが多く、悪夢も頻繁にみます。

若いころに発症し、
笑ったり、怒ったりすると急に体の力が抜けたり(情動脱力発作)、
寝入りに幻覚を見たり(入眠時幻覚)、金縛りにあったりします(睡眠麻痺)。

もし寝言が気になる人は、
パートナーにどんな寝言を言っていたか聞いてみましょう。

ごにょごにょの寝言なら問題ありませんが、
感情的な叫ぶような寝言だと、
上記の病気に当てはまる場合があります

スポンサードリンク

寝言を言わないようにする方法ってある?

怒鳴ったり叫んだりと病気の可能性もある寝言ですが、
原因のほとんどは、精神的ストレスからきています。

ストレスは蓄積すると色々な病気を発症します。

恐らく今まで生きていて、
体が疲れてるな・・・とか、
ちょっとしたことに少しイライラするな・・・
などと感じるときはありませんでしたか?

それがストレスのサインかもしれません。

人間は、
日中の仕事で疲れた体や心をリセットするために、睡眠をとります。

しかしその睡眠がうまく取れていないと、
寝言などの症状に繋がっています。

寝言を言わないようにするにはまず、
ご自身がリラックスできる環境を整えましょう。

お家でリラックスするのはもちろん、
アロマやハーブで癒されるのも良いです。

マッサージで自律神経を整えたり、
スポーツが好きな人はスポーツも良いですね。

意識しているときは、積極的に自分を癒そうとしますが、
しばらくするとまた自分のストレスに
気づけない場合があります。

もし、また奥さんに寝言が「うるさい!」と言われたときは、
イライラするかもしれませんが一呼吸置き、
疲れているんだな」という自分の心のバロメーターとして、
心身を労わってあげましょう。

まとめ

ストレスは寝言にも関係しています。
病気のもとですね。

叫ぶようになる寝言もあるという事実を知り、驚きです。

いつも「頑張らなきゃ!」と気を張っていると、
自分の状態にも気づけなくなってしまいますね。

年齢が上がるほど、寝言はとても危険なものになってきます。

自分のストレスに気づかずにいると、
心の病も引き起こす可能性があります。

是非奥さまのお叱りも参考に、自分を労わってあげてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする