知らなきゃまずい!ご愁傷様の言葉の意味と正しい使い方!挨拶の例文について

スポンサードリンク

会社の人や、友人など、身近な人にご不幸があったとき、
ご遺族にどんな言葉をかけたらいいのか迷った経験はありませんか?

訃報の知らせを受けた時には、
悲しみに暮れているご遺族の気持ちに寄り添った
お悔みの言葉をかけてあげなければなりません。

そこで今回は、社会人として身に着けておきたい
お悔みの言葉のマナー
をご紹介いたします。

ご愁傷さまの正しい使い方は?

スポンサードリンク
お悔みの言葉で最初に思い浮かぶのは
“ご愁傷さまです”という言葉ですよね。

しかし、この言葉、意味まできちんと
理解して使用しているという人は
決して多くないのではないでしょうか。

周りの人がみんな言っているから、という理由で
今まで何となく使っていたという人は、ここで改めて
この言葉の意味を理解しておきましょう。

“愁”という字は、訓読みでは“愁える(うれえる)”と読み、
これは「悲しむ」と同義です。
そしてここでの“傷”は“心の傷”のことを指しており、
これもまた悲しみや辛い思いを表現しています。
“悲しみ”を意味しているこの2字をつなげて、
より強く深い悲しみを表す、
“愁傷”という熟語になったという訳です。

また、尊敬語である“御”と“様”の2字をつけることで
ご遺族に対する最上級の敬意を示し、気づかいを表現しています。

そのため、“ご愁傷さま”という言葉には、
大変お気の毒に思っております”という
労いの意味が込められており、
ご遺族に対するお悔みの言葉として使われます。

使っちゃいけない言葉ってあるの?


お葬式で、言ってはいけない言葉とされているのが
“忌(い)み言葉”です。
人前で使うのは失礼な不吉な言葉ですので
決して使わないように注意しなくてはなりません。
忌み言葉には次のようなものがあります。

重ね言葉

「重ね重ね」「くれぐれも」「たびたび」「ますます」などといった
同じ語句を繰り返す重ね言葉は、その“繰り返す”ということが
“不幸や悲しみを繰り返す”ことを連想させるため、
忌み言葉とされています。

数字の「九」と「四」

これはご存知の方も多いでしょう。
“苦”を連想させる「九」と“死”を連想させる「四」は
弔事の際には避けるべき数字です。

「死」や「生」を直接的に表現する言葉

これは、忌み言葉とは異なりますが、
「死ぬ」「死亡」、「生きる」「生存」などといった
死や生を直接的に表現するような言葉も、言い換えが必要です。
「死亡」は「ご逝去」、
「生きていたとき」は「ご生前」や「お元気なころ」
と言い換えるようにしましょう。

最近では、このような忌み言葉は
ほとんど気にしないという人も多くいます。
しかし、ご遺族の中に、敏感に反応する方もいる可能性も考えて、
やはり言葉をかける際にはこれらの言葉の使用は
避けるほうがよいでしょう。

また、葬儀の場では“(安易な)励まし言葉”
も言うべきではない
とされています。

家族を亡くしたご遺族の方は、深い悲しみを抱えています。
気持ちの整理がつくのにも、長い時間を要するでしょう。
そのような精神状態の方に対しての
「がんばれ」
「いつまでも落ち込まないで」
「元気を出して」
という言葉は、残酷であり、無神経だと思われてしまいます。

励ましの言葉をかける場合には、
「心中お察し申し上げます」と一言添えた後に
「お疲れが出ませんように、お体にお気を付けください。」など
疲れている相手の体を気遣う言葉をかけるようにしましょう。

実際に使うときにはどうすればいいの?お悔みの言葉例文集


お悔みの言葉の例文を、シーン別で紹介します。

基本の例文
「この度は、誠にご愁傷さまでございます。
心からお悔やみ申し上げます。」
「この度は、ご愁傷さまでございました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。」
事故などで突然無くなられた場合
「突然のことで、言葉も見つかりません。
ご家族の悲しみ計り知れないものと、心中お察し申し上げます。」
「あまりにも急なことで、お慰めの言葉もございません。
心よりお悔み申し上げます。」
「突然の悲報に、驚愕いたしております。
ご家族のお気持ちを思うと胸が痛みます。」
「心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。」
若くして亡くなられたとき。子供の場合
「これからが期待されていただけに、誠に残念でなりません。
心よりお悔み申し上げます。」
「ご家族の無念を思うと、言葉もございません。
心よりお悔み申し上げます。」
ご高齢の場合
「ご長命とはいえ、誠に残念でなりません。
心よりご冥福を申し上げます。」
上司など、お世話になった方の場合
「ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。」
病気で亡くなられた場合
「この度はご愁傷さまです。ご回復を信じておりましただけに、
無念でなりません。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」
「先日お見舞いに伺った際には、あんなにお元気でいらっしゃったのに、
残念でなりません。心よりお悔み申し上げます。」

故人への思いとご遺族への気遣いを自分の言葉で伝えましょう。
ここまで紹介したのはあくまで一例です。

最低限のマナーを抑えることももちろん大切ですが、
何よりも一番大切なのは、生前の故人との思い出や、
感謝の気持ちなどを自分なりの言葉で、伝えることです。

まとめ

上記の例を参考にしつつ、あなたの思いを
あなたの言葉でしっかりとご遺族に伝えてあげましょう。
そうすれば、たとえうまくまとまらなかったとしても、
気持ちは十分相手に伝わるはずです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする