お義母さんに渡す母の日の手紙!好感度アップのポイントとは

スポンサードリンク

母の日にお義母さんへのプレゼントと一緒に、

お手紙も添えたい方もいますよね。

プレゼントはもちろんですが、

自身の言葉で伝えるとまた別の喜びがあります。

でも、実母と違いどう書けばいいのかな?

と悩むのが義理家族の関係ですよね。

実母よりも言葉を選びながら

書くので疲れてしまいます。

しかし、実際はそんな堅苦しくなりすぎずに

素直な気持ちを伝えると良いのです。

今回は手紙を書くときのポイントとNGをご紹介します。

知っておくべき母の日の手紙の書き方基本

スポンサードリンク

お義母さんの喜ぶ顔を思い出し、

語りかけるように書くと良いです。

かしこまった文章だと距離感があるようになり、

義務的な感覚を相手に与えてしまいます。

普段の口調や話し言葉で書くほうが、

相手も素直な気持ちで言葉を

受け取ってくれるのです。

ですが、あまりに砕け過ぎた文章は

相手の気分を害す要因にもなりかねません。

親しき中にも礼儀ありです。

最近はメールなどでやり取りをする方も

多いようですがせっかくの機会なので、

しっかり丁寧に手書きにしましょう。

機械的な文字は、感情や気持ちを

伝えにくく冷たく感じる人も多いのです。

お義母さんへの手紙について要注意なポイント

嫁と姑という関係から、

「お母さん」と「お義母さん」を使い分ける方もいるでしょう。

ですが、義理だとしても文字にして

「お義母さん」と伝えると

他人行儀なイメージがしますよね。

文字にするなら「おかあさん」や

「お母さん」と書くのほうが親しみがあって良いですよね。

手紙やメッセージを書く時は、

日ごろの感謝の気持ちを素直に書きましょう。

難しい言葉や遠回しな言い方はせずに

いつも気にかけてくれて、ありがとうございます。

などシンプルな文章にするのがポイントです。

また、そこにお義母さんへの

気遣いある一言をプラスすると感謝の気持ちや

本当の家族のような気持ちが出来るでしょう。

メッセージカードなどを書くとなると、

多くのご夫婦の場合は奥様が書くことが殆どかと思います。

手紙の最後に自分の名前を記入するときは、

夫婦連名にするとお義母さんから見れば、

自分の息子を立ててくれる

良いお嫁さんという印象になり

実の息子からのメッセージと嬉しさも増すことでしょう。

手紙の内容でお子さんやご主人、

普段の家庭での様子を書く場合もあるでしょう。

普段はご主人のことを呼び捨てにしていたり、

あだ名で呼んでいる方も文字にするときは

○○さんとしっかりさん付けで書くのが良いです。

これは使える!メッセージフレーズ

①感謝の言葉

手紙を書くのは、感謝の気持ちがある故です。

自分が伝えたい気持ちを

素直に文字にするのがポイントです。

②よい変化

お母さんのおかげでこんな良い事があった、

などと書くと感謝の気持ちも増し

お義母さんもやって良かったと

嬉しさが大きくなります。

③プレゼントの理由

なぜ、そのプレゼントを選んだのか

理由をはっきり書くとお義母さんのことを

しっかり考えて選んだのが分かりますよね。

④これからに繋がる

また一緒に〇〇へ行きましょう、

など相手が楽しみになるようなイベントの

予定を伝えるといいでしょう。

お子さんのいる方は

「今度子供の○○(行事など)いらしてくださいね。」

というような文章でもいいでしょう。

⑤健康を気遣う

体を大切になどの言葉は

いろいろなシチュエーションで使える

万能なフレーズです。

これを覚えておけば、

手紙の終わり方で迷う事も少なくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

手紙を書くのに、難しいことはありません。

感謝の気持ちを伝えるためのものですので、

素直に文字にすること、相手の事を思う事が

大切です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする