みんなに大注目される!?運動会でわいわい楽しめるお弁当のおかず大作戦

スポンサードリンク

入園・入学も終えてひと段落
というお母さんも多いかと思いますが
小学校や幼稚園、保育園では
これから行事がたくさんありますよね。

年に1回の1大イベントでもある運動会は、
子供も親もついつい熱くなっちゃいますよね。

動いたあとのお弁当もまた、
運動会の楽しみではないでしょうか?

見た目も楽しめたら、
子供のテンションも最高潮です!

そんな可愛い、
お弁当にぴったりのおかずをご紹介します。

見た目もかわいくておいしいおかず5選

お弁当にもちょっとしたイベントでも使える、
おしゃれで可愛いおかずをご紹介します。

☆ミニアメリカンドッグ

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1410000752/ (参考:楽天レシピ)
見た目ももちろん、お箸などを使わなくても手軽に食べられるのがポイントです!
おかずにも家でおやつにも、お誕生日などのパーティーにも活躍しそうですね。

☆ハートの卵焼き

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1080013922/  (参考:楽天レシピ)
普段の卵焼きなのに、
切り方をちょっと変えるたけで
可愛いハートに早変わり♪

これならそんなに手間もかからないので、
忙しい朝もOKですね。
 

☆ブロッコリーの肉巻きフライ

https://recipe.shidax.co.jp/recipe/outline/253  (参考:ソラレピ)
材料もお手軽で、詰める時は
半分にカットしただけで
ブロッコリーの緑が
お弁当を彩ってくれます!

☆のり巻きウィンナー

https://cookpad.com/recipe/2271750  (参考:クックパッド)
ただウィンナーにのりを巻いただけ!

のりを固定するためのピックによって、
可愛くもおしゃれにも大変身しますね。

☆ピックを上手く使う

子供も大人も大好きなから揚げも、
冷凍の枝豆などを間に挟んでピックで刺せば
簡単ピンチョスに!
  

スポンサードリンク

運動会のお弁当で気をつけるべきおかずは?

運動会と言えば、
気温も高く晴れた日に行われます。

そこで気を付けなければならないのは、
食中毒ですよね。

お弁当を外に放置しておく時間が長いので、
菌の繁殖を抑制して安心して食べられるお弁当を
作る必要があります。

肉や魚が生焼けになっていると、
多くの菌が残っていて気温が高いと
そこから繁殖してしまいます。

野菜もプチトマト以外は
加熱
したほうが良いでしょう。

暑い時期ならば、チーズやマヨネーズなども
加熱したほうが安全です。

卵も半熟はやめましょう。

前日からおかずの用意をするかたは、
お弁当に詰める前にもう1度加熱して
しっかり冷ましてから
お弁当に詰めるのが最適ですよ。

加熱して殺菌しても、お弁当を詰める時や
詰め方によって再びウイルスが増加してしまう
場合もあります。

①おかずの汁気は切る

煮物などの汁はしっかり切りましょう。

茹でた野菜は、鰹節やゴマなどを使って
水分を吸ってくれるものと一緒にするといいでしょう。

②しっかり冷ましてから詰める

ご飯は当日炊いたものを使いましょう。

冷ましてから詰めるか、
お弁当の蓋を閉めるまでに
きちんと冷ますのがポイントです。

また、炊き込みご飯などは水分が多くなってしまうので
避けたほうがいいでしょう。

ご飯に味を付けるなら、
ドライタイプのふりかけをおススメします。

③調理法に気を付ける

しっかりと加熱するという意味で、
揚げたり蒸し焼きにするほうが
しっかり火が通るので、安心して食べられます。

最後に

いかがでしたか?

お弁当のおかずなら、片手で簡単に、
ぱくっと食べられる物がいいですよね。

運動会や遠足など、子供にとっては
お弁当も行事のようなものです。

普段のお弁当作りにちょっとだけ、
ひと手間加えて子供を大喜びさせてみませんか??

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする