車で行く潮干狩りの持ち物をリストアップ!あると便利なものとは?

スポンサードリンク

皆さんこんにちは。もうすぐ春ですね。

お花見や山菜取りなど、山や草木に関するイベントが
目立ちやすい季節ですが、
春に海で経験できるイベントもありますよね。

そう、潮干狩りです。

何を持っていけばいいのかというのを事前にしっかりチェックしないと、
海に行ってみてからトラブルが起こる可能性もあります。

潮干狩りに行く前にしっかりと確認してみましょう!

基本的な潮干狩りの持ち物リスト

熊手

熊手がないと狩れませんよね。絶対に必要です。

先は尖っている物の方が圧倒的に掘りやすいです。

ホームセンターやネットショップ
100均で購入できますし、現地で100円くらいで
レンタルできる場合もあります。

軍手

貝で怪我をしてしまうこともありますので軍手も必須です。
しかし、ただの軍手だと水を吸った時に気持ち悪くなるので、
ゴム製の手袋がお勧めです。

とった貝を入れて、まとめて持ち運ぶために必要です。

現地で入手も可能なことが多いです。

自分で用意する場合は、あまり目が細かいと
砂が抜けずに軽量時に重くなって
しまいますので注意しましょう。

貝を洗って持って帰る際に、
網のまま洗うこともできますが、
満遍なく洗うためにもザルを持っていくといいでしょう。

持ち帰り用容器

中の海水がこぼれないように、
また、あさりなどが潮を吹いてしまった時のために、
蓋つきバケツかクーラーボックスを用意しましょう。

帰宅するのにそれ内の距離を歩く場合は、
クーラーボックスにタイヤがついているものを選ぶと便利です。

貝の持ち帰りだけでなく、
潮干狩り道中までの飲み物の保冷に使えます。

材質によっては休憩するときの椅子代わりにも。

着替え

海で狩りをするわけですから濡れてしまいますので、
着替えは必ず必要になります。

また、タオルも用意しておきましょう。

汗を拭いたり首に巻いて置く用と、
足についた砂を拭く用の2枚があるとベストです。

飲み物・食べ物

長時間かかるので、喉も渇きますし、お腹もすくと思います。

ペットボトルや手軽に食べられる
ポケット用のお菓子を用意しておくといいです。

日焼け止め

潮干狩りをするのは大体初夏あたりかと思います。

その時期の日差しは強いですし、
海面からの反射もありますので
日焼け対策は必ず行いましょう。

こまめに塗る方が効果が高いです。

絆創膏

岩場に行ったりして怪我をすることもありますので、
用意しておきましょう。

手に関しては軍手である程度守れますが、
想定外の切り傷対策に絆創膏があるとベストです。

それに関連して、ハンドクリームや消毒液もあるといいでしょう。

ペットボトル

あらかじめペットボトルに水道水を入れてくると、
手や足を洗う時に便利

そして帰りには海水を入れて帰れば、
自宅での砂抜きに使えます。

保冷剤

飲み物や食べ物の保冷や、
とった貝の温度を上げないように使います。

袋に入った柔らかいタイプは、
貝が挟まって破れてしまうこともありますので、
ハードタイプのほうが良いです。

スポンサードリンク

潮干狩りの持ち物であったら便利なものやおすすめ

以下に挙げるものは、
必須というほどではないけどあると楽な持ち物です。

折りたたみ椅子

長時間しゃがんだままよりは、
椅子に座って作業した方が楽ですよね。

レジャーシート

荷物置きや、休憩する時にあると便利ですね。

テント

どうしようもなく疲れた時、
車で来ている人なら車の中で休憩すればいいですが、
そうでない場合は、簡易テントを持っていくといいでしょう。

直射日光を避けてゆっくりできます。

また、携帯しておくほどではないけど、
潮干狩りには必要なもの(着替えなど)を
置いておく場所としても使えます。

最後に

いかがだったでしょうか。

海で狩りをするわけですから、
そのための持ち物ってやっぱり気を遣いますよね。

今回挙げたようなことに十分気をつけて、
潮干狩りを楽しんできてくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする