おしゃれ靴で足がパンパン・・・特別な日に足のむくみを軽減する方法は?

スポンサードリンク

記念日やデート、お友達とちょっとオシャレにランチなど
いつもより服装もメイクも気合を入れて行こう!
という日は誰にでもあると思います。

そういう日は女性なら
かかとの高い靴を履いたりしますよね?

普段から履いていると気にならないかもしれませんが、
特別な日にだけヒールを履くと
気になってしまうのが足のむくみです。

家を出る時は気にならなかったのに、
だんだん靴がきつく感じたりすると
長時間履き続けるのは自分でも窮屈ですよね。

そんな足のむくみを簡単に解消できる方法をご紹介します!

おしゃれ靴は足のむくみの原因?

むくみというのは簡単に言うと
リンパ液や組織液が溜まっている状態です。

こうなる原因は大きく分けて2つあります。

①血液循環の低下

文字通り血液の流れが悪くなる状態の事です。

リンパ液や組織液は血液の流れに乗って
全身へと運ばれるので血液の流れが
悪くなると滞ってしまい、むくみに繋がります。

②病的な物

心臓や腎臓など循環器系の疾患が
ある場合にむくむことがあります。

ヒールなどを履いて起こるむくみの原因は
①が当てはまることがほとんどです。

ハイヒールなどを履くと足首が固定されてしまい、
曲がりにくくなります。

そうなると歩くことでふくらはぎの筋肉を動かしにくく、
伸縮が出来なくなってしまいます。

ふくらはぎの筋肉が伸縮しなくなると、
体内にたまった水分を押し上げるポンプの働きが
低下してしまうため、むくみの原因となります。

むくみをそのままにしてしまうと、
いずれセルライトへと変化して
脚が太くなってしまいます。

1度セルライトになってしまうと、
解消するのは大変です。

そうなる前に、
むくみを予防・解消することが大事です。

スポンサードリンク

血液循環が悪くなる原因は?

なぜむくむのかはお分かりいただけたと思いますが、
その原因が分からないままだと解消のしようがありません。

血液循環の低下の原因は主に4つです。

・同じ姿勢で長時間いる ~ デスクワークや立ちっぱなしなど
・冷え性、睡眠不足 
・水分不足、水分の取り過ぎ ~ 妊娠中やカフェインの摂取
・塩分のとりすぎ ~ 外食やコンビニで買う事が多い

これらが主な原因となります。

仕事上、長時間同じ姿勢でいることが多いというのは
仕方のないことですよね。

これらを踏まえた上で、解消・防止法をご紹介します。

人目を気にせず足のむくみを防止する対策って?

むくみの原因が「血液循環の低下」と分かれば、循環を良くするようにすればむくみを解消・防止
することができます。でも、仕事中や周りに人がいる時など急に体操やストレッチを始めるのは
ちょっと恥ずかしい、そういう場合はこっそりむくみ解消しちゃいましょう!

☆すぐできるかかと上げ

①椅子に座ったままで、かかとを4秒上げる
②そのまま2秒キープ
③ゆっくりと4秒かけて下ろす
④①~③を15回繰り返す

座ったままでも、立ってる間の
隙間時間でもできるのが嬉しいですよね。

1日中動かないと足は夕方にかけて
むくみがひどくなります。

少し歩いたりこっそり足を上げて休んだりすると
むくみを抑えることができます。

休憩時間にかかと上げをするのも
いいですね♪

☆足のむくみを解消するツボ

膝裏の中心あたりに委中(いちゅう)というツボがあります。

ふくらはぎの老廃物を流すのに効果のあるツボです。

椅子に座って、両手でふくらはぎを
包み込み中指でゆっくり力をかけるように押してください。

いかがでしたか?

むくみを予防するためには、
少し厚手のタイツやストッキングで冷やさないようにしたり
食生活で水分や塩分に気を付けて
体質から改善するのも1つの方法です。

少しでもキレイに見せたいというのは
女性なら誰しもが考えることです。

まずは出来ることから
初めてむくみ知らずになりましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする