苦手な古典の勉強法どうする!?高校の定期テストに備えるポイント!

スポンサードリンク

こんにちは。

古典の勉強ってどうしたらいいか分かりませんよね。

もしかしたら英語よりも厄介かもしれません。

英語は日本語と別物として考えやすいですが、
古典は現代語と似ているところもあるため、
切り離して考えにくいのです。

だから、どう扱っていけばいいかということが
分かりにくいのです。

今回は、どのようにして勉強すれば
定期テストの点数に反映されるかということについて、
塾講師としての私の経験も交えながら、
お話ししていきたいと思います。

古典の勉強方法はこれがおすすめ

初めにも申し上げましたが、
言語の学習は現代日本語と切り離して考えた方がいいです。

古典も、同じ日本語だからって同じだと考えてしまうと、
現代日本語と異なる点が多々出てきてしまって、
勉強することを面倒に思ってしまう可能性があります。

それよりは、
「現代日本語と古典は別物」と考えて、
同じものが見つかったらラッキーだと
思うようにしましょう。

英語の勉強方法と似た感じになりますが、
別物の言語と考えるので当然です。

英語を日本語に直すように、
古典を現代語に直せるようになればいいのです。

まず、単語を覚えましょう。

単語帳を使用してもいいですし、
定期テストの得点をあげるためなら、
授業中に出てきた古文単語を覚えるだけで充分です。

古文単語から現代語を答えられるようにするだけでなく、
現代語から古文単語を答えられるようにした方がベター
です。

その際、歴史的仮名遣いで書けるようにしておきましょう。

漢文の場合も同様です。

漢字を見て、
現代語の感覚だけで意味を連想してしまうと
間違えていることもあるので、
漢文での正しい意味を覚えましょう。

単語(漢字)の意味を覚えるだけでは、
古典を正しく読むことはできません。

文法を理解しましょう。

古文なら、活用する語はどのように活用するのか、
助動詞の種類はどんなものか、というように、
現代語にも通ずるものがありますが、
「見ゆ」や「けり」など現代語とは異なる言葉が多く出てきます。

漢文の場合は、
レ点や一二点、上下点などの返り点の読み方をしっかり学習し、
書き下し文を正しく書けるようにしましょう。

これらをしっかりと理解しておかないと、
いくら単語や漢字の意味を覚えていても、
文を正しく理解することはできません。

スポンサードリンク

古典の勉強はノートの取り方を工夫しよう

古文と現代語訳(漢文の場合は書き下し文も)が一緒に、
一枚に収まっているものを作った方がいいです。

そういったものを作ることで、
すぐに現代語訳を確認することができるため便利です。

また、授業中に重要だと思ったことは、
そのノート(プリント)に書き込んでおけば、
そのノート(プリント)1セットだけで勉強が完結します。

このセットを使ってやるべきことは2つあります。

1つは、すべて完璧に現代語訳に直せるまで
繰り返す
ことです。

これで、単語や漢字の意味を問う問題、
一文を訳しなさいという問題に対応できます。

また、現代語に訳した上での指示語問題や、
内容把握の問題にも対応できます。

2つめは、活用語の活用の仕方を全て答えられる、
書き下し文を正しく書けるようにする
ことです。

これで文法事項を問われた時の対策もバッチリです。

補足として、定期テストで出題される作品
及びその作品が発表された時代の
他の作品についての情報も
頭に入れておくといいでしょう。

筆者の名前や、その筆者の別の作品、
その作品が発表された時代など、
最後の方の問題にたまに出してくる先生もいますし、
受験にもそういった知識問題は
出題されることがあるので、
覚えておいて損はありません。

最後に

いかがだったでしょうか。

普段使わない知識と向き合って
作品を読んでいくのは、
好きな人にはとても嬉しい教科だと思いますが、
大して興味のない人には苦痛だと思います。

ただ、きちんとした勉強方法を実践した上で勉強すれば、
その苦痛が少しは和らぐと思います。

次回の定期テストに向けて頑張ってみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする