もちろん知っているよね?お彼岸の墓参りの花とお供えの意味

スポンサードリンク

春と秋に訪れるお彼岸。

日本ではこのお彼岸にお墓参りをする習慣がありますが、
そのときにお供えすることの多いお花は、
一体どんなものを選べばいいのでしょうか?

スーパーやお花屋さんで目にする仏花でしたら心配はないのですが、
自分で選ぶ場合にはちょっとした知識があると
お供えするお花を選ぶときにとてもスムーズですよ。

意外と知らない!お墓に供える花はどんな花がおすすめ?

スポンサードリンク
実は、お供えするお花にこれでなくてはならないという決まりは特になく、
故人が生前に好んでいた花や、季節を感じさせるもの
スーパーやお花屋さんで仏花として売られている花はもちろん、
長持ちする花などが良いとされています。

故人が亡くなってまだ時間が経っていない場合は、
淡い色や白を基調としたもの
を選びましょう。

お彼岸の花としてよく聞くのが菊の花ですが、
菊は長持ちするため選ばれることが多いので、
必ずしも菊を入れなくてはならないわけではありません。

決まりはないと言ったものの、毒をもつ花や香りの強い花は避けるのが無難です。

またトゲのあるものや、傷みやすい花、散りやすい花も避けると良いでしょう。

特にバラは花の中でもとても美しいですが、トゲがありますから仏事には不向きです。

また仏花としてよく用いられるユリですが、ユリの花粉は少し厄介です。

洋服や墓石につくと茶色いシミになってしまうこともあるので、
お花屋さんできれいに花粉を落としてもらいましょう。

お花の本数は3本、5本、7本の奇数がおすすめです。

菊やユリのほかに、カーネーションやグラジオラス、スターチス、
りんどうなどが挙げられますが、
「白」「赤」「紫」「黄」「ピンク」の5色をメインに明るい色のお花を選ぶのが一般的です。

お供えするときに・・・

お花をお供えするときは全体がひし形になるのが主流です。
お花屋さんでお願いするとひし形で作ってくれます。

飾るときは対になるように飾るのが基本です。
花差しがひとつしかない場合は、左側に供えしましょう。

お墓参りで花を供える意味とは


お供えする花は生花でなければいけないという決まりはありません。

特に近年では、造花やプリザーブドフラワーなどを選ぶ方も増えているそうです。

生花を禁止している霊園や、九州などの暑い地域では
一日で枯れてしまうために造花をお供えする傾向にあるようですね。

ですが、生花をお供えすることにはきちんとした意味があります。

お墓参りのときにお花を供える習慣は、
もともとお釈迦様が生前にそのようにされていたことが始まりと言われています。
お彼岸の時期は、煩悩の多いこの世に住んでいる私たちが
死後極楽浄土に行けるように修行をする時期になります。

6個ある修行を六波羅蜜(ろくはらみつ)と言い、
その一つ一つがお墓や仏壇にお供えする物にあたります。
・布施
・持戒
・忍辱
・精進
・禅定
・智慧

お供え物のお花は「忍辱」にあたり、忍辱は苦難や侮辱に耐え忍ぶことを言います。

きれいなお花には、心を落ち着かせ、
安らかで穏やかな気持ちにさせてくれる力がありますね。

そのためにお花をお供えするのです。

お墓にお花をお供えするときに、お墓側ではなくお参りする人に向けて供えるのは、
自然界の厳しさの中耐え忍んで咲く花の姿を
私たちは仏様に対する修行の誓いとしてという意味があるのです。

生花はいつか必ず枯れてしまいますが、美しい花が枯れてゆく姿を見ることで、
命あるものには終わりがあるという生命の儚さを私たちに訴えているのですね。

造花やプリザーブドフラワーはお手入れも少なくて便利ですが、
せっかくのお墓参りには生花をお供えするのがいいでしょう。

まとめ

お墓参りをする相手が身近な方やそうでなくても、
お墓参りに行くことは故人のことを思い出し、自分自身の心の浄化にもなりますね。

その時にお供えするお花の意味や知識を知っておくと、
自分でお花を選ぶのにも心遣いが変わるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする