いざというときワタワタしない!結婚式の受付の手順と初めての結婚式お呼ばれ

スポンサードリンク

結婚式へゲストとして参加する時に
必ずあるのが受付です。

なにも分からず、
受付の前で右往左往した経験はありませんか?

前もって知識を身に着けておけば、
スムーズに受付を済ませることが出来るし
なにより常識と知識を持っている
大人の女性というステータスにもなります。

知人の晴れの日に最初から恥ずかしい思いをしないよう
基本的な知識だけでも知っておきましょう。

結婚式での受付。挨拶や祝儀の渡し方について

まずは受付担当の方にお祝いの言葉を述べましょう。

その時にどちらの友人なのかを付け加えた上で
名前を名乗ると親切かもしれません。

例:「新婦友人の○○です。本日はおめでとうございます」など

披露宴中などは新郎新婦のご両親に
あいさつをする場面もあると思いますが、
受付の時と同様にお祝いの言葉をかけるようにしましょう。

面識のない場合は、新郎新婦との関係性などの
簡単に話せるエピソードを見つけておくといいでしょう。

受付の時に必要になるのがご祝儀です。

大半の方が袱紗(ふくさ)に包んで持ってきているようです。

ご祝儀をむき出しにして取り出すのはマナー違反で
袋が汚れてしまったり、痛んだりする原因になるので注意してください。

1、受付に着いたら、袱紗からご祝儀を取り出して袱紗をたたみます。

2、たたんだ袱紗の上にご祝儀を置き、受付の方に両手で渡してください。

袱紗についての注意

袱紗は色によって用途が違います。

赤やオレンジなどの暖色は慶事用、
緑や紺などの寒色は弔事用になります。

紫は慶事と弔事のどちらにも使えるので、
1枚あると便利です。

袱紗から取り出すのはご祝儀を渡す直前です。

表書きが相手に読めるように渡しましょう。

スポンサードリンク

結婚式の受付での記帳の仕方と書く意味とは

受付で必ずというほどあるのが芳名帳です。

芳名帳を記入するのは、以下のような理由があります。

  • 受付を通られたことの確認
  • 席の名前(特に漢字)と相違がないかの確認
  • 招待状返信後に住所変更がないかの確認

このようにゲストの最新の情報を正確に得ることが出来て、
式後にお礼をする際や報告のはがきを出す時に役立ちます。

新郎新婦やそのご両親がゲストの名前を
間違って記憶している事もたまにあり、
席の名前が間違っていることもあります。

受付で間違いが分かれば、
早急に訂正することができますよね。

記帳するときは、フルネームで丁寧に書いてください。

芳名帳は新郎新婦の記念として残ります。

字に自信がなくても必ず自筆で記帳しましょう。

ご夫婦で出席する場合は、夫が姓名を書いてから
妻が隣に自分の名前を書くのが基本です。

受付時のマナーとしては以上

受付は開宴時間の15分前には済ませるのがいいでしょう。

ゆとりを持って30分前には
会場に到着するのがいいかと思います。

荷物やコートなどがある場合は、
受付の前にクロークに預けると良いですよ。

始まりから終わりまで、楽しい素敵な1日にしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする