実は結婚式の靴にはマナーがある!?コレだけは抑えるべきポイント!

スポンサードリンク

オシャレは足元から!と言いますが、
どんなに素敵な靴を履いてもTPOにそぐわなければ
意味がありませんよね。

履きたい靴を履いてオシャレを楽しむのはもちろんですが、シーンに
合った靴選びをしっかり理解しておくと失敗しません。

特に慎重にならなければいけないのは、
冠婚葬祭の時です。

ゲストとして参加するのなら
相手方に失礼のないよう、
結婚式に参加する際の正しい知識を身に着けておきましょう。

靴を履く前に!

必ずストッキングを履きましょう。

フォーマルの場合は肌色のストッキングを履くのがマナーです。

黒のタイツや素足はマナー違反です。

靴擦れ対策をしましょう

慣れないヒールは疲労も溜まり、靴擦れもしやすいです。

会場までの行き帰りは、履きなれた
靴に履き替えるなど対策をしておくといいでしょう。

洋服と合ったデザインの靴にしましょう

本当にそのコーディネートが合っているのか
事前に確認をしましょう。

服と合わせるのが難しいという場合には、
靴とバッグの色を合わせるといいです。

どんな靴がふさわしいの?

露出の多い靴やブーツはNG!

足の指や足の甲が露出するようなタイプの
サンダルやミュールなどはカジュアルに見えて
しまうので結婚式では相応しくありません。

ブーツも同様にカジュアルなので、フォーマルな
服装に合わせるのは避けましょう。

ヒールは3cm以上の細いヒールが上品

ヒールは3cmほどあったほうが、
ふくらはぎの位置が上がり足がきれいに見えます。

また、フォーマルな場では細いヒールを選ぶと、
エレガントな雰囲気で好印象です。

特別な理由がないかぎりは平たい靴を選ぶのは避けましょう。

ヒールはどれだけ高くても問題ありませんが、
履きなれていないのに高いものを履くと
歩き方や立ち居振る舞いが上品ではないので
慣れた高さのものにしましょう。

普段からヒール自体慣れていないという人には
3~5cmのものがおすすめです。

また、パンプスでもつま先の見えるデザインは避けてください

つま先→「妻先」→「妻が先に逝く」という連想があります。

そんなに細かいとこまで?と思うかもしれませんが
これから明るい未来を見据える新郎新婦や
その親族にとっては、些細なことも気になるのです。

スポンサードリンク

結婚式にふさわしい靴のマナーで色について

女性の場合はバイカラーつまり2色使いのものは、
分かれを連想させるためNG
です。

新郎新婦に失礼になってしまいます。

おススメなのはゴールドシルバーです。

華やかで上品なのでお祝いの場にはぴったりですね。

女性はバッグの色と合わせると統一感もあり素敵です。 

また、もおすすめですよ。

淡い色のドレスの場合は、
足元を黒でしめると落ち着きのある
女性らしさがありより素敵になります。

結婚式にふさわしい靴のマナーで素材について

靴の素材までマナーがあるの!?
と思う方もいらっしゃるかと思います。

おススメの素材をご紹介します。

<春夏におすすめの素材>

・シルク
布製ですが、シルクならフォーマルの場にも
ふさわしく結婚式にも最適です。

・レース
レース素材はシンプルですが華やかさがあり、
布製なので結婚式でも問題ありません。

・カーフ

牛革素材のことをカーフといいます。
基本的に革製はNGなのですが、カーフの場合はOKです。

<秋冬におススメの素材>

・エナメル
革製の上から樹脂でコーティングしてあるのがエナメルです。
革を上品に隠してくれます。


・スエード

冬ならではの素材なので、冬しか使えない特別な靴です。

革製の物がNGとされる理由は、
殺生を彷彿させるためです。

他にも、ファーや羽なども同様の理由で
NGとされているので注意しましょう。

最後に

頭の先から足元まで、
しっかりコーディネートして上品で知的な女性になりましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする