テスト勉強は徹夜したほうが暗記できる!?間違ったテストの対策は逆効果!

スポンサードリンク

「明日テストだから今日は徹夜で頑張る!」
「昨日テストだったから徹夜で頑張った。超眠い・・・」

徹夜なんてダメなことは分かっていると思うのです。

なぜ徹夜はダメなのか、
徹夜をしないでいい点数を取るにはどうしたらいいか、
ということをまとめていきたいと思います。

テスト勉強に睡眠を削るのはダメ!?徹夜のデメリット!

徹夜すれば、確かにギリギリで覚えたことをテストで活用できる・・・かもしれません。

でも、徹夜してしまうとそのツケが
テスト中に回ってくる可能性もあります。

テスト中に「眠い・・・頭回らない・・・」
なんてことになったらめちゃくちゃもったいないですよ!

それに、その徹夜が原因で
その後の生活リズムが崩れていってしまうことも
あり得なくはないでしょう。

徹夜は身体的にも悪いです。

何より、記憶力にだって影響を及ぼします。

テスト直前に徹夜で覚えたことは、忘れやすいです。

もしかしたらテストの時はギリギリ覚えているかもしれません。

ただ、学習内容はずっとつながっています。

中間テストの範囲で学習した内容が
期末テストの学習内容につながっている場合、
徹夜で中間テストの勉強をして、
テストが終わったらすっかり忘れて、
期末テストでまた勉強しなおさなければ・・・
なんてことになると、期末テストの時に
勉強量が増えて大変なことになってしまいます。

それは嫌ですよね?

そうやって勉強量が増えていって
対策しきれなくて点数が落ちていく・・・。

それが結果的に入試にもつながってきます。

ああ恐ろしい。

どうしても点取りたい!テストに適した勉強法は!?

では、上記のような負の連鎖に陥らないためには、
どのような勉強をしたらいいのでしょうか?

徹夜をしないで万全の体制になるように勉強すればいいのです。

前日には軽い確認をするだけです。

それまでの勉強が重要です。

テスト期間というものが大体の学校にはあると思いますが、
その時だけ一生懸命やっていたらいいのかと言われると、
それだけでは間に合わない可能性があります。

テスト期間での勉強法は、テスト範囲をしっかり確認して、
それまで学習したことを
「あーこんなのあったなー。
テスト範囲もここからここまでだから、
全部正解できるようにしないとな。」
と自覚します。

つまり、「こんなの初めて見たんだけど。やばい。」
なんてことになると、その分テスト期間の勉強量が
増えてこれまた大変なことになります。

しっかり自覚ができたら、
教科書やワークやプリントなどで
何度も問題を解いたり何度も覚えなおしたりして、
全部正解できるようにします。

「何度も」やらないと忘れてしまいます。

一旦解くなり覚えるなりしたら、
時間をおいてまたやってみましょう。

毎日勉強する時間のある人は、
その日に学習したことを復習することを習慣づけします。

ノートや教科書を見直して、「こういうのやったわ。」
と確認し、暗記すべき用語はその日限りでもいいから
一旦覚えてしまうのです。

疑問点が出てきた場合には
翌日にでもすぐに人に聞くなりして解決させる、
もしくは授業後に解決させましょう。

もし余裕があれば、復習の後に予習をしておくと、
次の授業内容をスムーズに理解することができます。

毎日勉強するのはちょっと難しいという人は、
授業中にすべて覚えてやろう、
すべて自力で解けるようになってやろう
と思って授業に臨んでみて下さい。

授業内で学習と復習を同時に行う感じです。

それだけでも、テスト期間の時に負担が減るはずです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

やっぱり、テスト勉強の徹夜なんて、
健康面でも勉強面でも決して褒められたものではないです。

そこで徹夜する根性があるなら、
その根性を「毎日少しずつ頑張る」ということに使ってあげてみませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする