自宅の楽器練習は近所の騒音!?部屋の防音対策ってできる?

スポンサードリンク

なるべくお金をかけず練習したいので、
家でファゴットやキーボードを練習しようと思っても
ご近所への影響も考えなければなりませんよね。

家を防音にできないかと模索したので、
今回はその方法をまとめていきたいと思います。

部屋の防音で窓やドアはどうする?

スポンサードリンク

自力でできる範囲とはいえ、大掛かりなことをするのも難しいので、
なるべくお手軽な方法を提案していきたいと思います。

一番お手軽なのは、やっぱり段ボールですよね。

なるべく隙間を無くして、ガムテープなどでしっかりと貼り付けましょう。

これなら、アパートやマンションでも簡単にできると思います。

家にあんまり段ボールがない!という場合には、
スーパーなどに無料で段ボールが置いてあることが多いので、
それを活用しましょう!

布などでもできますが、それよりはまだ段ボールの方が防音効果が高いと思います。

また、防音素材に関しては以下のサイトを除いてみるのもありかと思います!

ソノーライズ株式会社
http://www.sonorize.jp/bouonsyouhin.htm

防音するのは部屋だけ?


ここまでは、「部屋の防音」について考えてきました。

どんな素材で対策するかが重要になってきますよね。

ただ、「部屋を防音にする」となると、
どうしても大掛かりになってきてしまいます。

ドアとか窓とか大きなものを相手にするわけですし。

ではそれよりもお手軽に防音するにはどうすればいいのでしょうか?

その方法は・・・

楽器の防音

です。

「大きな音で練習できないなんて意味はあるのか!」
などと批判が殺到しそうですが・・・(笑)

部屋の方を防音にしないで楽器の練習をするんだから、
大きな音で練習できないのは仕方ない!!

音量を出したい場合は、部活動などの
ある程度整った環境でやってる人なら部活の練習時間でやればいいのです。

家で楽器の防音をして練習するのには、主に2種類の方法があります。

1つ目は、楽器自体に防音をすることです。
電子楽器についてはボリュームを小さくすればいい話ですよね。

では、そうじゃない楽器についてですが、
ベル部分に布や紙などを貼り付けます。

しっかり密閉してしまうと完全に音が出なくなってしまうので、そうならない程度に。

楽器によって抵抗感が出るものもありますが、
それはそれで肺活量を増やす練習になります。

2つ目は、自力で音を小さくすることです。

これも電子楽器ではなくアナログ楽器での話ですが、
小さな音で練習するということです。

小さい音量で音を出したり伸ばすことって結構難しい上に、
演奏上の技術としては必要です。

大きな音を出すことができない環境なら、
そういった練習をするのにはちょうどいい環境と言えます。

また、指の練習だけなら、大きな音で練習しなくてもできますよね。

打楽器に関しても同じように、
小さな音でも音の立ち上がりをはっきりさせたり
音を持続させる練習や、リズム練習などならできると思います。

また、譜読みだけなら最悪、音を出さずとも
音符を歌ったりするだけでできるはずです。

このように、大きな音を出さずに練習できる方法はあるので、
家で練習する時はそのように練習すれば、
周りにも迷惑が掛からないはずです。

最後に

やっぱり、家というか部屋を防音するとなると、
特殊な素材などを入手しなければいけないこともありますが、
楽器を防音するという方法なら、
工夫次第でいくらでも可能性は広がる
と思います。

もちろん、部屋自体を防音することも効果大ですが、
楽器自体を防音することも考慮に入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする