授業で使ってるのじゃ足りない!?センター試験対策の英語参考書って必要?

スポンサードリンク

人それぞれだと思いますが、多くの受験生が苦戦するのが「英語」。

英語は分量も多いですし、
単なる暗記と違って積み重ね学習が必要ですから、
1つダメになると他のところでも問題が解けない、
という状況に陥ってしまうからです。

今回は、次期受験生のためにも、受験、
特にセンター試験における英語の対策方法をまとめていきます。

英語の参考書の選び方!分野ごとに何冊も必要なの?

スポンサードリンク
センター試験といえども、基本的には学校で習ったことが全てです。
それでも参考書は必要になってきます。

その理由は2つあります。

1つは、問題に出てくる単語はどうしても学校で習う範囲を超えているから。

もう1つは、内容は基本的なものでも時間内に解くことが難しいからです。

1つ目の理由についてですが、
問題を作成する上で使用したい単語が、
学校によっては学習していない単語であることがあります。

なので、受験用の単語帳を1冊持っておいて、
今まで学習した単語の復習と初めて見るけど
受験には出そうな単語の暗記をするといいでしょう。

2つ目の理由は、時間内に解くためには
すぐに答えを引き出すことが必要です。

過去問を実際にやってみたら分かると思うのですが、
1つの問題に「えーと・・・。」
なんてしている暇はほとんどないです。

分かる問題から素早く解いていかないといけません。

そのためにはまず、単語を覚えて
「この単語なんだっけ・・・」にならないようにすること。

推測で意味が分かるものもありますが、
すぐに意味が分かった方が得ですよね。

文法問題及び長文やその設問の内容把握のために、
文法を全て理解する必要があります。

「単語分かるのにこの文読めない・・・」とならないように、
どんな文法が使われていても、正しい訳し方を
頭の中から引っ張り出さなければいけません。

そのためには、
すべての単元が載っている文法書を使用しましょう。

解説だけでなく問題も載っているものがいいです。

長文読解の対策をするために、
初見の長文を読みこなす練習をする必要があります。

「1文1文は読めるけど、全体で何言ってんだか分からない。」
「内容は分かりそうだけど、このままだと時間が足りない!」
とならないように、
初見の文章であっても時間内に内容を把握し、
なおかつ設問に解答することが求められます。

そのため、多くの長文問題(大学入試問題から厳選されているもの)が
掲載された長文問題集が必要です。

長文の読み方も載っています。

センター試験だけでなく、一般入試や2次試験のことも考えて
、自分に合ったレベルのものを選びましょう。

これらをしっかりとこなした上で、
どこまで実力が付いたかを見極めるために、
過去問を解いてみましょう。

きっと、何もしていない状態で過去問を解いた時よりも
数段レベルアップしているはずです。

過去問で分からなかったところを充分に復習したら、
また単語や文法や長文の訓練に戻りましょう。

その繰り返しです。

英語の参考書って具体的にはどんなものがあるの?


単語帳・文法書・長文問題集には具体的にどんなものがあるのかを紹介していきます。

ここで紹介するのはあくまで一例です。

購入する際は、実際に書店に行って、自分の目で見てから決めて下さいね。

・単語帳

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

 ターゲットのシリーズは、他にもターゲット1000や、「英熟語」など
たくさんバリエーションがあります。

自分の目指しているレベルに合ったものを選びましょう、
と言いたいところですが、1900をすべて覚えておけば安心です。

 ターゲットシリーズ以外にも単語帳はありますが、
1900語を網羅しておけば大丈夫、という意味でよく使用しています。

・文法書

 Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服
 Vintage―英文法・語法 CD付き

 どちらも、網羅している内容はそれほど変わりません。

章の順番が少し異なるくらいですね。

全ての文法、語法、会話表現、熟語、発音・アクセントまで網羅しています。

また、実際の入試問題を使用しているので、実践力も身に付きます。

 このどちらかを完璧にすれば、長文と語彙以外は無敵なはずです!

・長文問題集

 これに関しては、本当に多種多様なので、書店で実際に探してみて下さい。

 「基礎レベル」から「難関大学レベル」まで様々なレベルがありますし、
「300語程度」から「1000語程度」と分量別に分かれているものもあります。

自分のニーズに合ったものを選びましょう。

 ただ、段階を踏んでいくことが重要です。

例えば、志望校が難関大学で1000語程度の長文を出題するところでも、
初めは自分の実力より少し上程度のものを選びましょう。

書店で少し立ち読みしてみて、「これは普通に読めるし普通に解ける。」
というものを選んでも意味がないです。

「読めると言えば読めるけど、ちょっと時間かかるな。
ちょっと分からないところがあるな。」
くらいのレベルのものからスタートして、
最終的に目標のレベルまで到達するようにしましょう。

最後に


 いかがだったでしょうか。

「センター英語」と言っても対策すべきことは
いくつかあることがお分かりになったと思います。

しっかりと対策して、余裕での合格を目指しましょう!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする