おいしい梅酒は素材が肝心!梅酒に使う青梅が取れる時期と値段について

スポンサードリンク

今年は家で飲む梅酒を、自分で作ってみませんか?
鵜美味しい梅酒を作ることは意外に難しくはないのです。

でも、初めて作るにはわからないことだらけで、不安ですよね?

ここでは梅酒に使う青梅について詳しく書いていくので、
これをみて初めての梅酒作りに挑戦してみてください!

梅酒に会う青梅の収穫時期はいつくらい?

スポンサードリンク
梅酒は6月上旬ぐらいから漬け始める人が多くなるようです。

それは、5月下旬ごろから青梅が店頭に並び始め、
6月上旬から中旬にかけて買う
人が多いからです。

青梅は常温でおいておくとすぐに熟し始めますので、
漬けるときに購入して、購入後はすぐに漬けたほうが上手にできるようです。

5月下旬に店頭に並んでいるのは小梅付けに適している
小梅が出回っているので、梅酒を漬けるのでのであれば、
6月上旬の、青くてかたいある程度の大きさがあるもの
が適しています。

6月中旬ごろには梅干し等に適した黄色い少し熟した梅が出回るようになり、
それが出回ると梅の時期も終わりの時期に近づいてきます。

時期が6月上旬の限られた期間になっているので、
準備をして時期を逃さないように注意して、挑みましょう!

また、梅酒を美味しく作るためには、
実が固くしまっていて、キズが少ない青梅を選ぶことも大事です。

大体の梅の時期は上記に記載した通りですが、
一般的に梅酒に使われる種類はこんなものがあります。

〇南高 

粒が大きく、種は小さめ、果皮はとても薄いのが特徴で、
最高級の梅干しに使われる品種であるが、
最近は梅酒用としても人気になっています。

〇白加賀

果肉は繊維が少なくて、肉厚で、
栽培面積ももっとも多い品種で、
梅酒等に加工する青梅の代表的な品種です。

〇古城

青梅の中では一級品と言われ、
梅酒や梅ジュースを作るのに最適な品種です。

梅酒を造るのに使う青梅の値段!


梅酒に使う青梅の値段は、1㎏950円ぐらいから、1,500円ぐらいまでの間が一般的です。

初めての時から高いものを使うと緊張してしまうので、
お手頃なものから始めるのが良いかもしれませんね!

梅酒に使う青梅のサイズは2L以上のものがおすすめです。

梅が出る時期だとスーパーにも売っていますが、
農家産直のほうが味がいいものが多いので、
通販で注文するのもいいかもしれません。

自分で持って帰ると結構な重量ですしね。

人気のところは早めに売り切れになってしまうので、
検討するならお早めに。

作るときのコツと必要なもの


作るときに竹串でヘタをきちんととってあげるとえぐみが出にくくなるので、
手作りする際はヘタをとることも大切な工程です。

竹串っていうところもポイントです!

金属は梅の酸に弱いので、金属の道具を使うと金属がボロボロになり、
せっかく作ったものに入ってしまう恐れがありますので、
串に限らず、使うボウル等も非金属のものをつかうようにしましょう。

漬けた梅がしわしわにならないようにヘタを取り除いた後、
何ヶ所かに竹串で穴をプチプチあげていただくか、
ヘタを取った後に24時間ぐらい冷凍してから使うと良いようです!

最後に、以下に梅酒に必要なものと道具を記載しますので、ご参照ください。

〇青梅…2L以上の青くてかたい傷のないものが適しています

〇氷砂糖…氷砂糖は溶けにくいのでじっくりと浸透圧を使って梅の香り、うまみを引き出すことに適しています

〇ホワイトリカー…無味無臭に近くクセがないので、果実酒を作ることに適しています。ほかのアルコールでも作ることはできますが、35度以下のアルコールだと梅の香りや味などのエキスが抽出しにくくなり、さらにカビが生えてしまうこともありますので長期保存には向かなくなってしまいます。

〇竹串…ヘタを取ることに使います

〇口が広いビン…煮沸消毒かアルコール消毒をしてください

あとは細々としたボウルやザルや布巾など大体家に揃っているもので足りると思います。

最後に


まだまだ準備する時間はありますので、良い青梅を選んで、
レシピも自分好みのものを選んで美味しい梅酒を漬けてみてください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする