小学校の運動会でカメラ写真を撮るポイントは?知らなきゃ損な2つのこと

スポンサードリンク

年に一度の子供の運動会。

家庭とは違った子供の一面が見られるだけでなく、
一生懸命走ったり踊ったりしている
わが子の成長も見ることができる
家族にとってはとても楽しみなイベントの1つです。

そんな素敵な運動会では、わが子の頑張る姿を
しっかりと写真に収めたい
ですよね。

でも、初めての運動会だと不安もたくさん。

どこから撮ったらいいの?

何か気をつけることはあるのかな?

そんなお父さんお母さんたちの不安を解消するために
今回は、運動会での写真撮影のポイントをご紹介したいと思います。

みんなが狙うベストショット!運動会おすすめの撮影場所は?

スポンサードリンク

写真撮影で一番大切なのは、撮影場所の確保です。

ベストショットを撮るためにも、
競技ごとに合わせた場所を選ぶようにしましょう。

徒競走は、躍動感のあふれる写真を撮るチャンスです。

もし自分の子が、足が速く、1位になれる可能性があるのであれば
ゴール付近での一生懸命な表情や、ゴールの瞬間の笑顔
狙って撮るのもよいでしょう。

運動が苦手な子の場合には、ゴールの瞬間を撮られることを
恥ずかしがったり、嫌がったりすることもあるので、
そういったお子さんの場合には、スタート時の緊張した面持ち
駆け出す瞬間を収めてあげるようにしましょう。

団体競技の場合には、たくさんの子供たちの中から
自分の子供を探すだけでも大変で、
運動会初心者のお父さんお母さんはとても苦労します。

せっかくわが子にズームを合わせても、
子供たちは縦横無尽に走り回っていますので、
シャッターを切る瞬間にカメラの前を
違う子が横切ってしまった…なんてこともよくあります。

そのため、団体競技では、グラウンドの正面など
その競技の全体が見渡せる場所に移動し、
全体を収めるように引きで撮る
ようにしましょう。

全体を収めておけば、後からパソコンで確認した時に
わが子の部分だけトリミングすることもできます。

個人競技でも、団体競技でも
共通して言えるのは子供の
斜め前の位置から撮るのが良い”ということです。

また、自分の子供の時だけにシャッターを押すと
なかなかピントが合わなかったりして、
慌ててしまうことになるかもしれません。

そうならないためにも、自分の子供の何人か前の子から、
ピントを合わせる練習をしておく
とよいでしょう。

※よそのお宅のお子さんを勝手にたくさん撮影すると
トラブルの原因になってしまいますので、
かならずピントを合わせる練習だけにしましょう(笑)

そして、いい場所を確保するためにかかせないのが
事前確認」です。

小学校や中学校では、運動会の前日までに
大会プログラムが配布されることが多いです。

そのプログラムと、子供に聞いたグラウンドの配置図を
当日までに確認をし、事前にどの位置から撮るかを決めておきましょう。

運動会の写真を撮るときの注意点

写真撮影の大原則は“学校のルールに従う”ということです。

写真撮影を禁止している学校はほとんどないと言えますが、
撮影のルールが設けられていることはよくありますので、
必ずそれを守ったうえで、撮影をしましょう。

例えば、場所取りのために、前日からグラウンドにシートを敷いたり
立ち入り禁止の関係者席まで入ってカメラを構える保護者の方が
稀にいますが、これらは迷惑な行為として
学校から禁止されている場合が多いので、
必ず、先生方に確認をしてから行うようにしましょう。

また、グラウンドで行う運動会は、
砂ぼこりがたくさん舞い上がります。

とくに、徒競走のゴール付近には、たくさんの
カメラマンが集まり、人ごみの中で撮影をすることになりますので、
必ずレンズに保護フィルターや、フードをつけるようにしましょう。

三脚があると便利ですが、使うのは
自分の家族のシートを敷いた陣地内だけにするのが良いでしょう。

先ほども述べたように、人気の撮影スポットには
たくさんの人が集まります。

みなさん自分の子供のベストショットを撮りたい一心ですので、
自分の子供の番が終わったら、すっと避けてあげるのが親切です。

そのため、場所を移動しての撮影では、身軽に動けるように
ハンディの状態で撮影を行うようにしましょう。

最後に、運動会は5月6月、9月、10月などの
天気の良い日に行われることが多いです。

炎天下での写真撮影では、カメラの本体が高温になってしまい、
撮影中に突然電源が切れてしまうことがあります。

これは故障ではなく、カメラを守るための機能なのですが、
せっかくのシャッターチャンスでこんなことになったら
悔やむに悔やみきれませんよね。

これを防ぐためには、あらかじめ冷却グッズを用意しておく他、
自分の子供の出番以外の時にはカメラを日陰において
熱が当たらないようにしておく必要があります。

まとめ

子供たちにとって、運動会は、
1年で1番の大きなイベントといっても過言ではありません。

子供たちの思い出をしっかりと記録に残せるように、
写真撮影の準備には早めにとりかかりましょう。

マナーを守り、譲り合いの心をもって、
体調管理に気を付けながら、
楽しい1日を過ごしてくださいね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする