子どもに解説できないと恥ずかしい?よく分かる端午の節句の行事食!

スポンサードリンク

5月5日は「子供の日」という認識が多いですが、元々は「端午の節句」と言って
「菖蒲の節句」とも呼ばれています。

日本には五節句と言って、重要な年中行事として1年に5日の式日が制定されています。

人日(じんじつ):1月7日
上巳(じょうし):3月3日
端午(たんご) :5月5日
七夕(しちせき):7月7日
重陽(ちょうよう):9月9日

端午というのは、5月最初の午(うま)の日の事なのですが、午(ご)という音から
奈良時代以降に5月5日が端午の節句と認知されるようになりました。

では、端午の節句って何をすればいいのでしょうか?

兜や鯉のぼりを飾るというのは、皆さんご存知かもしれませんが
その他の風習って知っていますか?

先ほども述べた通り「菖蒲の節句」とも言われていて
香りが強く薬効効果もあるため
厄を祓うとされ無病息災を願うために菖蒲の花を用意していました。

方法としては、玄関に飾る、お酒につける(飲む)、
枕の下に敷く、お風呂に浮かべる
などの習慣があります。

そして、他にある風習と言えば食べ物!
端午の節句で食べるものと言えばちまきや柏餅です。
今日は端午の節句の行事食について詳しくご紹介していきたいと思います。

こどもの日に食べるのはちまき!由来や基本的な作り方

スポンサードリンク

まずはちまきについてです。

ちまきとは中国から行事と一緒に伝わってきた食べ物なんです。

もち米やうるち米で作ったお餅を、笹の葉っぱなどで巻いたあとに
葉っぱごと加熱する料理
です。

<中国と日本ではちょっと違う?>

日本ではお餅を包んだものが一般的で、
少し甘みがついていたりお餅そのものというのが
殆どです。昔は冷蔵庫が無かったので、
保存食として作られていたようです。

一方中国では、もち米にタケノコや肉などの具材を一緒に入れて、
甘辛く味付けしたものが一般的です。

お餅のようにつくのではなく、米粒の形が残るような
おこわに近いものです。

<なぜちまきを食べるの?>

中国から来た食べ物ですから、由来は中国にあります。

昔、国王の側近である屈原(くつげん)という人が
陰謀によって国を追われ、行く末に失望して
自ら川に身を投げてしまいました。

その日が5月5日なのです。

屈原の死を悲しんだ国民たちが、
屈原が身を投げた川にお供え物を投げ入れたそうです。

ですが、せっかくのお供え物も
屈原に届く前に悪い龍に盗まれてしまいます。

そこで龍が苦手な樹の葉っぱでもち米を包み、
邪気を払う五色の糸で縛ってからお供え物を
投げ入れるようにしたそうです。

こうして5月5日にはちまきを作って、
災いを除けるという風習になり「端午の節句」となりました。

ちまきに巻いた五色の糸は子供が無事に育つようにという
魔よけの意味を込めて鯉のぼりの色として5色になっています。

<ちまきの作り方>

初めて作る人にはキッコーマンで紹介されているレシピが
わかりやすくておすすめです。

参考にしてみてくださいね。
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe/00001414/index.html

こどもの日に食べる柏餅の由来と作り方は?

柏餅とは上新粉で作ったお餅で餡を包んで、柏の葉っぱでくるみます

柏の葉っぱで包んだお餅は昔からあったようですが、
柏餅という和菓子が生まれて端午の節句の
食べ物として認知され始めたのは江戸時代と言われています。

なぜ柏なのか?気になるところですよね。

神聖な樹木とされ、神が宿るとも言われていた柏の木。

柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないのです。

これが「子供が生まれるまでは親は死なない
という思いから「子孫繁栄」や「家系が絶えることがない」という
縁起のいいものとして柏の葉が使われるようになりました。

柏餅には葉の表を外向きに巻いているものと、
裏を外向きに巻いているものがあります。

この違いは中身のあんこの違いを分かるようにしているのです。

小豆あん→表を外向き
味噌あん→裏を外向き

というような感じです。

<柏餅の作り方>

ちまき同様にネットで調べるといろいろな作り方があるので、
それぞれ作りやすい作り方を探してみてください。

個人的にはこちらのサイトで紹介しているレシピが、
簡単で良さそうだなと感じました。

https://allabout.co.jp/gm/gc/220021/2/

探してみると上新粉や白玉粉を使うレシピが多いようです。

他にも米粉を使った作り方もあるようなので試してみるのも、いいですよね。

まとめ

1年に一度の行事ですので、
住んでいる国の習慣を楽しんでみませんか?

子どもも大人も楽しく、
おいしく端午の節句に向けて準備してみてください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする