新学期にクラス替えで友達と離れちゃう!?仕組みとおまじないも紹介!

スポンサードリンク

学校に通う子供たちにとって「クラス替えは」
とても重要な一大イベントです。

特に、仲の良い友達と同じクラスになれるかということは
その後の一年間を左右する大きな問題なので、
学年の終わりが近づくにつれて、不安と期待で
胸がそわそわする子も多いのではないでしょうか?

私は、数年前まで中学校で先生をしていましたが、
やはり3月の春休み前になると
「先生~、○○ちゃんと同じ組にして~!」
とお願いに来る生徒がたくさんいました。

そこで今回は、学校の「クラス替え制度」について
元先生の目線から、お話しをしてきたいと思います!

クラス替えで友達と離れた!最近のクラス替えの決め方はこんな感じだった!


まず、一番に気になるのは
“先生たちはなにを基準にクラスを決めているのか”
というところですよね。

それについて、ここでお話しできる限りお教えしたいと思います。

どこの学校でも、必ずクラス替えの判断基準となるのは次の点です。

学業の成績

クラス替えでは、基本的には“どのクラスも均等な能力”
になるように生徒を振り分けます。

クラスごとの能力をなるべく均等にすることで、
行事やテストのときに、競争心を持たせて、
切磋琢磨させたいという思いがあるからです。

そのため、学力も1つの大きな目安になります。

例えば、学年1位の子は1組、2位の子は2組、3位の子は3組
というように、振り分けられていきます。

運動能力

学校の大きな行事に運動会や体育祭といった
スポーツ関連のものがありますよね。

そういった行事の際に、クラス間で大きな差がつくことが
ないように、運動能力も基準の1つとなります。

友人関係

もちろん、友人関係もクラスを決める際には判断の基準です。

しかし、“仲が良い”という理由だけで同じクラスにする
ということは、あまりありません。

先生が友人関係で気を付けているのは、“問題行動を起こす生徒”が
全員違うクラスになるように振り分けるということです。

例えば、授業中にいつも一緒になって騒いでいる2人組がいれば、
なるべく、その二人は別々のクラスにします。

また、極端に相性が悪い生徒同士も同じクラスにはしないことが多いです。

また、不登校、心身に障がいがあるなどといった特別な配慮を
必要とする生徒も、別々のクラスに均等に振り分けます。

これは、一人の先生の負担が大きくなるのを防ぐためです。

ピアノが弾ける生徒は振り分ける

合唱コンクールや、音楽会などでは、クラスに1人は
ピアノが弾ける子が必要になりますよね。

そのため、ピアノを弾くことのできる生徒は、
各クラスに最低でも1人は振り分けられます。

双子や親戚は別々のクラスにする

双子や、いとこ、はとこなどの親戚同士の場合は
それぞれ別のクラスに分けられるのが一般的です。

ですが、これは法律で定められているわけではないので、
学校によっては同じクラスになることもあります。

リーダーシップのある子、ムードメーカーを各クラスに

ムードメーカーになれる子や、行事でみんなをまとめてくれる
リーダー性のある子の存在は、クラスにとってとても重要です。

そこで、そういったリーダーやムードメーカータイプの生徒は、
各クラスに均等に振り分けられることになります。

部活動のリーダーや委員会の会長なども、振り分けられることが多いです。

クラス替えで友達と同じクラスになるためのおまじない!

大好きなお友達と、また一緒に一年を過ごしたいという人は
その願いが叶うという「おまじない」を試してみましょう♪

ここでは、特に“強力”だと言われているおまじないを2つ紹介します。

ハートの上履き

道具…黒色のペン 上履き
やり方
1.上履きの右足の内側に、同じクラスになりたい子の名前を書きます。
2.上履きの左足の内側には、ハートマークを書きます。
  ハートの中は黒く塗りつぶしましょう。
3.学校にいる間は毎日その上履きを履いて過ごしましょう。

白いクローバー

道具…白い紙 緑色のペン 黒色のペン
やりかた
1.白い紙に緑色のペンでクローバーを書きます。
2.書いたクローバーの葉っぱの中に、同じクラスになりたい子の
名前を黒のペンで書きます。(4枚葉っぱがあるので、4人まで
書くことができます)
3.その紙を、筆箱の中に入れて、大事にしまっておきましょう。

“名前を書く”ことは、“念”を込めるという意味をもっています。
丁寧に、思いを込めて、お友達の名前を書くことで、
その念が、神様に届くかもしれませんよ♪

新しいクラスで楽しい一年を!

新学期、新しい教室に新しい先生、そして新しいクラスメイト達、
そこに、仲のいい友達がいてくれたら、とても安心ですよね。

でも、クラス替えは“新たな出会い”のきっかけでもあります。

今まで話したことのない子とも、どんどん話をしてみましょう。

共通点を持つ子や、気の合う子がたくさん見つかるかもしれません。

これまでの友情も大切にしながら、新しいクラスでも、新たな
友情を育んでいけたら、きっと学校生活はこれまで以上に、
楽しいものになるでしょう♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする