小学校に上がる甥の入学祝いはいくらが相場?お祝いの包み方も

スポンサードリンク


寒い冬が終わり、
暖かい春が訪れるのと同時に入学シーズンもやってきます。

桜が咲き、
まだ大きく見えるピカピカなランドセルを背負った小学生たちは、
可愛らしくもあり、お兄さんお姉さんになる頼もしさにも満ち溢れていますね。

そんな人生の節目に欠かせないお祝いですが、
お祝いする気持ちとは別に、
入学祝いに悩んでしまう方って結構多いのではないでしょうか?

ここで入学祝いの相場や、
知っておきたいお祝いの包み方についてご紹介します。

小学校の入学祝いの相場っていくらくらい?

親しい身内でお祝いするのが一般的ですので、
特に親しい身内でない場合入学祝いを贈る必要はありません。

血縁関係やお付き合いの深さなどで、相場が変わってきます。

甥っ子や姪っ子の場合の相場は、
「¥5,000~¥10,000」
と言われており、現金で贈る以外に物やギフトカードなど、
贈る形はさまざまなようです。

もう少し近い血縁関係にあたる場合は相場も上がりますし、
逆に親しい友人や知人に贈る場合は相場も下がります。

親しい友人や知人に贈る場合、現金よりも品物で贈ることも多く、
そのときの金額は大体「¥3,000~¥5,000」程度で良さそうです。

あまり金額にはこだわらず、大切なのは祝う気持ちですね!

現金で贈らない場合は、
図書カードや商品券が喜ばれるプレゼントのひとつです。

私自身も図書券を貰ってとても嬉しかったのを覚えています。

相手の好みがわからない場合も、
商品券でしたら好きに使っていただけますし、
贈りやすいのではないでしょうか。

特に甥っ子や姪っ子に贈るのならなおさら。

逆に孫などに贈る場合は、ランドセルや学習机など、
予算を高く見積もった実用的なものを贈ることが多いですね。

これで万全!入学祝いの包み方


お祝いでお金を包むときに使用するのがのし袋です。

のし袋と一言でいっても種類も大変多く、
選ぶのを間違ってしまうと失礼になってしまいますね。

まず、用途にあった水引(のし袋の真ん中で結ばれた飾り紐)を選ぶことです。
水引にはいくつかの種類があります。

蝶結び(ちょうむすび)
結び目が簡単に解け何度でも結びなおすことができるため、
何度あっても良い出来事という意味合いから、
進学や出産など婚礼以外の一般的なお祝い事に用いられます。
花結び(はなむすび)とも言われます。

結び切り(むすびきり)
中央で固く結ばれ簡単に解くことができないことから、
二度と繰り返すことのないようにという意味合いで
婚礼関係や弔事やお見舞い、慶事(例えば長寿祝い)
などで用いられます。
固結びやこま結びとも言われます。

鮑結び(あわびむすび)
基本的に結び切りの変形と言われており、
同じく固く結ばれ解くことが困難であることから
慶事と弔事の両方で用いられます。
地域によって用途が違ってくるそうですが、
結び切りとどちらを用いても意味合いは同じです。

入学祝いは何度あっても嬉しい出来事なので、
蝶結びののし袋を用意します。

スポンサードリンク

1万円程度までのお祝い金でしたら
水引が印刷されている封筒を使うことも多いですが、
甥っ子や姪っ子に贈る場合水引がない
可愛らしい封筒を用いることもできます。

水引の上の段に書く表書きには、
「御入学祝」「入学祝い」「祝御入学」などと書くのが一般的です。

親しい間柄でしたら、
「入学おめでとう」など親しみのある表書きでも良いでしょう。

また、下の段には表書きより少し小さな字で贈る自分の氏名を書きます。

お金を包むときは、中袋という封筒にお金を包んでから
のし袋で包むのがマナーです。

二重で包むことで、お祝いが重なるようにという意味合いもあります。

中袋の表には「金壱万円也」や「金五千円也」のように金額を書き、
裏側には左端に住所と氏名を書きます。
お札は人物の顔が上になるように入れましょう。

水引のついているのし袋を使う場合は、
下側を上にかぶせて包むのがマナーです。

逆になってしまうと弔事用の包み方にあたりますので、
最後の最後で間違えないように注意が必要です。

まとめ

人生の中でお祝いを包むことは何度もあると思いますが、
シーンによってさまざまですね。

こうしてひとつひとつ見ていくと、
意外と知らなかったこともたくさんです。

贈る相手によって相場や包み方もさまざまですが、
一番は相手を祝う気持ちではないでしょうか。

正しい知識とマナーで、スマートにお祝いをしたいものですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする