結構忙しい幼稚園の入園準備!お道具箱の中身と名前書きはお早めに

スポンサードリンク

年が明けて少しずつ、
お子さんの入園準備を進めている方もいるのではないでしょうか。

幼稚園なら制服やカバンなど指定の物を購入するのがほとんどですが、
その他にもいろいろ用意するものは多いですよね。

ある程度の物は指定の物であったり、
それ以外ならお子さんの好きなデザインで
用意したりするのが一般的でしょう。

ですが、入園準備で悩むのはお道具箱
すでに購入済みの方もいるかもしれませんが、これから用意するという方のために
お道具箱の準備についてご紹介します。

幼稚園で必要なお道具箱って何が必要?セットで買ったほうがいい?

スポンサードリンク
最近は園指定の会社の物(もしくはセット)を
購入するのが多いようですが、
単に「お道具箱を用意してください」
と言われる場合もあるようです。

ただ用意してと言われても、
何を買えばいいのか悩みますよね。

自分の子だけ持ってなかったら…と
気にしてしまうお母さんもいるでしょう。

一般的なお道具箱の中身とはなんでしょうか?

・はさみ
・のり
・クレヨンやクレパス
・粘土ケース
・粘土用のヘラ
・粘土板

これがお道具箱のベースになるようです。

あとは幼稚園のカリキュラム等で内容が変わるので、
幼稚園側に確認してから
その都度揃えるのがベストです。

これら一式をバラで購入するとなると
時間もかかるしお金もそれなりに必要になるので
セットで買うという人が多い
です。

のりはスティックタイプの物ではなく、
でんぷんのりのような手ですくって使うタイプの物が
子供には「多い・少ない」の感覚を覚えられます。

クレヨンやクレパスは100均などでも安く手に入りますが、
あまり安価すぎると発色が悪かったり、
子供の力では色が出ないことがあります。

幼稚園に入る頃の子供は
お絵かきもしっかり出来るようになる頃です。

子供の創造性を培うためにも、
安いものではなくそれなりの値段のする物を
用意したほうがいいでしょう。

また、はさみなどの刃物をお道具箱に入れる場合は
小さめの巾着などにまとめて入れると
怪我の予防にもなりますね♪

子供ですから、
お道具箱を開けるのが楽しみで開けた瞬間に刃物で怪我をした!

なんてケースは少なくありません。

さあ、お道具箱の中身が揃ったらあとはお道具箱その物ですね。

どんな物に入れたらいいの?と考えてしまいますが、
その前に一番最初に考慮するべきなのは
子供が開けやすいもの」ということです。

簡単に開いたら危ないからと頑丈な物にすると、
子供の力では開けられなくなってしまいます。

最近だと、中身が見えるような
プラスチックの入れ物も多く販売しています。

お子さんに合うものはどれなのか、
試してから購入したほうがいいですね。

道具に付ける子供の名前シールは防水がおすすめ


お道具箱一式を揃えたら、
文房具それぞれに名前を付けなきゃならないですよね。

1つ1つ手書きするのは時間もかかるし、
使ってるうちに消えてしまったり
物によっては書くスペースが狭くて書けなかったりと、
綺麗に書けなくて苦労します。

そこで、私のおススメは名前シールです!

100均などでも台紙に名前を書いて、
あとはペタンと貼るだけなので便利ですよ。

さらに、名前シールを買うなら防水のものがおススメです。

絵具やノリなど、
水分の含むものを使う用になるとシール自体がふやけて
名前の部分が滲んでしまったり剥がれてしまうんですよね。

私もそれで何度、先生に言われて書き直したことか…。

防水の名前シールは100均でも手に入ります!

台紙に名前を書いたら、
くっついているフィルムを空気が入らないように貼るだけで
あっという間に防水になる便利グッズです。

我が家では名前シールと言えば防水の物を使っていますよ♪

これで何度も名前を付けなおす必要もありません。

まとめ

入園準備は時間もお金もかかるので、
早めに準備を始めておくのがコツ
です。

入園する幼稚園によって、揃える物は変わってくるので
確認してから準備するようにしてくださいね。

お子さんの新生活が素敵なものになるよう、
親もしっかり準備しておきましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする