雛人形を飾る時期はギリギリだとアウト!?どんな日に出せばいいの?

スポンサードリンク

3月3日は雛祭り。「桃の節句」とも言われ、
女の子の健やかな成長や幸せを願ってお祝いをする、
日本の伝統的な行事の一つです。

また、子どもが生まれて初めて迎える節句を「初節句」と言います。

そんな雛祭りに欠かせない雛人形。

一年に一度しか出さない雛人形ですが、
ただ3月3日に飾ればいいというわけではなく、
一体いつ頃出せばいいのでしょう?

知っているようで実は知らなかった
雛人形を飾るタイミングをご紹介いたします。

そもそも雛人形とは?

スポンサードリンク
平安時代中国から渡来した「上巳の節句」に、
宮中や貴族の間で行われた「御人形(ひいな)遊び」と、
藁や紙などで作った簡単な人形(ひとがた)に
自分の穢れや厄、災いなどを移して川や海へ流す「流し雛(ひな)」
が合わさったものが雛祭りと言われています。

そのときに用いた「流し雛(ひな)」が自分の身代わりになり、
災いがふりかかりませんようにと願いを込めた風習が、
雛人形を飾る起源になったわけですね。

また、雛祭りの行事の時期は桃が咲き始める時期でもあるのと同時に、
桃の木には邪気を祓う力があり神聖な木としても考えられていたため、
「桃の節句」という素敵な別名もついたそうです。

雛人形を出すのはいつ頃が最適?遅すぎるとよくないの??


雛人形を出すのは一般的に節分の翌日、つまり立春に飾り始めます。

2017年の立春は「2月4日」ですから、
2月3日の節分に豆をまき、鬼を追い出して厄を祓ってから、
この日を目安に飾り始めます。

立春とは別に、「雨水(うすい)の日」といって
2月19日ごろに飾ることも。

雨水の日は二十四節気のひとつで、
暖かくなり雪や氷が溶けて雨に変わり、
本格的な春の始まりと言われている時期にあたります。

雛祭りの前日に飾る「一夜飾り」は縁起が良くない
と言われているので、遅くても雛祭り1週間前には
飾り終えるようにしましょう。

とは言っても飾る時期は地方によってもさまざま。

自分の住んでいる地域や生まれ育った場所によっては
時期も前後するそうなので、
調べてみるのも面白いかもしれませんね。

雛人形のしまう時期は?


しまう時期も旧暦や新暦などでさまざまですが、
3月3日が過ぎたら片づけるという地域が多く、
3月6日ごろの「啓蟄(けいちつ)の日」が目安とも言われています。

新暦の場合は3月中旬ごろ、
旧暦だと4月3日まで飾る風習があるそうなので、
その場合は4月中旬ごろにしまいます。

皆さんが一度は耳にしたことのある、
早くしまわないとお嫁に行けなくなる」という言い伝えがありますね。
これは片づけをきちんとできないとお嫁に行けませんよ、
というしつけや教訓のひとつであり、
雛人形を早く出すことで早くお嫁に出す、
早くしまうことで早くお嫁に行ける、
という言葉遊びとしても考えられています。

迷信ですから深く考える必要はないですが、
娘の将来の幸せを願う親心に由来した素敵な言い伝えでもありますね。

天気や吉日も気にすべき!?

お天気の良い日に出さなければいけないという決まりは特にありません。
ただし、しまうときはお天気の良い湿度の低い日を選ぶこと。

雨や曇りの日はどうしても湿度が高くなり、
湿気を含んだまま雛人形を片づけてしまうとカビやシミの原因に。

絹をたくさん使った雛人形にとって湿気は大敵です。

品質を保つためにも、
乾燥したお天気の良い日に、
ホコリをよく払いながらしまうのがおすすめです。

また、せっかく飾るなら縁起の良い日がいいのでは?
と考えがちですが、実際はあまりこだわらなくても良さそうです。

とは言っても、縁起を担ぐといった意味で、
大安吉日を選んで飾るのもまたひとつの楽しみかもしれません。

特に女の子の赤ちゃんが生まれたご家庭では、
初節句こそ大安吉日に飾ることで、より素敵な雛祭りを迎えられそうですね。

まとめ


雛人形というと、昔ながらの七段飾りや
豪華な衣装を身にまとったものが主流でしたが、
最近では場所をあまりとらないコンパクトな可愛らしいものや、
お顔の優しい人形、キャラクターものや、あのリカちゃん人形が
雛人形とコラボレーションしたものまで、
たくさんのタイプが出ています。

見ているだけでもワクワクするような可愛らしいものが多く、
これなら毎年出すのも楽しくなりそうですね。

私はやっぱり、雛祭りの時期におばあちゃんの家に遊びに行くと、
七段飾りの立派な雛人形が飾ってあったのを懐かしく感じます。

どんな雛人形も、女の子の健やかな成長と幸せを願って飾り
お祝いすることが、雛祭りの素敵なところですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする