実はこんなに違う桜餅!関東風と関西風はどっちがお好み?

スポンサードリンク

あっという間に年が明けて数か月経ちました。春もすぐそこまで来ていますね。

春になると桜が咲き出会いや別れの季節とも言いますが、個人的には
「色気より食い気!」です。

ということで、今回は春にぴったりの和菓子「桜餅
についていろいろとご紹介したいと思います!

桜餅と言えば、塩漬けした葉っぱと
桜餅の甘さが混ざり絶妙な美味しさがありますよね~
というのが私の持論なのですが
桜餅の葉っぱは食べないという人もいるでしょう。

もちろん好みの問題でもありますが
地域や習慣などによっても変わってきます。

桜餅が関東風と関西風の2種類に分けられるのは知っていましたか?

皆さんの地域は、関東風?関西風?
どのような違いや意味があるのかも合わせて詳しくご紹介しますね。

桜餅は長命寺が関東風!形や味はどんな感じ?

スポンサードリンク
関東風の桜餅は別名「長命寺餅」といいます。
見た目はクレープのような薄い皮で、
あんこをくるりと巻いただけの物です。

この皮は、小麦粉を使って作るのが一般的で
中身もこしあんが主流になります。

じゃあなんで長命寺って言うの?

由来としては、江戸の隅田川沿いにある長命寺というお寺の門番が
桜の葉の掃除をしている時に、葉っぱを塩漬けにして薄い皮にあんを包んで
売ったらいいのでは?と思いついたのが始まりです。

売ってみるとたちまち江戸で大人気になり
お寺の名前をとって長命寺と名付けられたそうです。

桜の葉っぱで包んでいるので、
後に桜餅へ時代の流れと共に名前が変わりました。

桜餅は道明寺が関西風!何が違うの?


関西風の桜餅は「道明寺粉」を使います。

これはもち米を乾燥させ、粗く引いたものです。

平安時代に菅原道真の伯母が、大阪にある道明寺(尼寺)にいて保存食のために
お米やもち米を乾燥させていました。これが道明寺粉と呼ばれる由来です。

その後、和菓子職人が道明寺粉で和菓子を作るようになり
道明寺餅」今でいう関西風の桜餅が出来ました。

関東風と違い、見た目はおはぎに近いです。
道明寺粉であんこが隠れるように包み、桜の葉っぱを巻くのが一般的で
全国的には関西風のほうが広まっています。

このように、同じ「桜餅」という名前でも、材料から違うのです。

桜餅にはなぜ葉っぱを巻くの?

葉っぱでくるむというのが共通点ですが、
なぜ葉っぱでくるむのか知っていますか?

桜餅だから桜の葉っぱを…というわけではないのです。

桜の葉は他の樹木と違い、
特有のいい香りがするので香りづけの意味もあり
見た目や味だけでなく、鼻でも楽しめるように
桜の葉でくるんでいるのです。

もうひとつの理由として、葉っぱで包むことで乾燥を防ぐ
という理由もあります。

桜の葉っぱを塩漬けにすることで、
長く保存でき葉っぱの塩気と
あんこの甘さが絶妙な日本ならではの食べ物です。

おいしい桜餅の気になるカロリー

関東風と関西風で材料や作り方が違うので
カロリーも多少ですが違います。

日本食品標準成分表によると

長命寺だと100gあたり238Kcal
道明寺だと100gあたり200Kcal

になっています。桜餅だと1個当たり40~60gなので

長命寺→95~143kcal
道明寺→80~120kcal

になります。

ケーキなどのお菓子に比べると断然低カロリーですよね。

最後に


桜の葉っぱを食べるか食べないかは人それぞれですし、
お店によっても推奨する食べ方は違うようなので
好きな食べ方をするほうが、
楽しくおいしく食べられますよね♪

皆さんも桜餅で春を感じてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする