エアコンの冷房が一番効率いい風向きは?暑すぎる夏を乗り切るマル秘テク!

スポンサードリンク

年々暑さが増している夏。

エアコンがないと室内でも熱中症が心配な程ですね!

汗だくで帰宅しても部屋の中がもわっと暑く、

急いでエアコンをつけてもなかなか冷えてくれない、、

そんな時、「効率よく部屋を涼しく快適にしたい〜!」

誰しもそう思いますね。

そんな切実な願いを叶えるべく、

今回は効率よく部屋を冷やしてくれるエアコンの活用方法を

紹介していきますよ♩

エアコンをうまく活用して、

暑い暑い夏を乗り切りましょう!

エアコンの冷房は上向きか下向きかどちらが効率がいいの?スイングは使うべき??

スポンサードリンク

ずばり!エアコンの風向きは上向けか並行に使用するのが○です!

これはそもそもエアコンと空気の動きに関係があるのですが・・・

エアコンの仕組みと空気の性質を知ると理由が分かる

エアコンは、室内の熱い空気を吸い込み内部で冷たくした後、冷たい空気を吐き出しています。

エアコンの吐き出した冷たい空気は重いので、

部屋の下の方に溜まっていきます。

すると、部屋の下部は冷たい空気、上部は熱い空気の状態となり、

「空気のムラ」ができるのです。

エアコンはこうなると「室内が冷えていない」と勘違いをし、

うまく機能しなくなります!

こうなると、皆さんはどうしますか?

多くの方が「温度を下げる」と答えると思います。

しかし、エアコンに使う電気代のほとんどは「温度を下げる時」!

1℃違うだけで、約13%消費電力が変わってきますよ!

なので、この「空気のムラ」をなくす為には、

「風向き」を変えることが最も効果的なのです。

風向きは「上向き」または「平行」に!

すると、冷たい空気がうまく循環してくれるようになり、

余計な電気代もかからず、効率的に部屋を涼しくしてくれます♩

また、ほとんどのエアコンについている機能「スイング」。

風向きを上下左右に動かしながら、吹きだしてくれる機能です。

こちらは使った方が良いのでしょうか。

スイングは、上手に使えば、均等に冷やしてくれるので良い

部屋の構造や窓の位置など、

それぞれの部屋によってどのように動かせば効果があるかは違うのです。

先ほど伝えたように、

・熱い空気は上に集まる

・空気を循環させ、部屋全体を同じ温度にする

この二点を頭に入れ、スイングさせましょう。

例えば、上に集まった熱い空気をなくす為に

風向きを上向きにし、左右にスイングする。

ただ上向きにするよりも、もっと効果的です!

日当たりのいい窓側に熱い空気がたまらないように、

窓側に向けてスイングする。

など、部屋の状態に合わせて上手にスイングを使うと、

効率的に部屋が冷えてくれますよ♩

エアコンと扇風機の併用でおすすめの置き方は?夏場はこうやって置くとOK

扇風機

部屋が広い方など、なかなか全体が冷えてこない、、

そんなお悩みを解決してくれるものが!

それは、扇風機やサーキュレーターとの併用ワザ

上向きに向けたエアコンの風は、部屋の上部を通り壁に当たります。

この冷風が壁に当たり床に流れてくる場所に、扇風機を置きます。

その扇風機を一番上向きにし、エアコンの冷風を循環させるようにするのです。

扇風機を置くことで、部屋の空気をかき混ぜてくれるので

広い部屋でも冷えやすくなりますよ♩

分かりにくい方へ解説図を参考にどうぞ。

http://www.shirokawa.jp/column/yamamoto_hiroshi/284/

また、扇風機を使ってもっと効果をあげる方法も!

エアコンを入れる前に、扇風機を使う

エアコンのスイッチを入れる前に、窓を開けて扇風機を首振りモードに。

室内のこもっている熱気を先に排出しておくと、

その後のエアコンの効きも早く効率的に冷えてくれますよ♩

まとめ

エアコン1

いかがでしたか?

夏の心強い友、エアコン。

その分、電気代も恐ろしいです、、

エアコンを上手く活用すれば、

電気代を抑えながら、快適に涼しくしてくれる事が分かりましたね!

この方法をフル活用すれば、

今年の夏は、身体も財布も喜んでくれそうです♩

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする