そうめん流しの竹の作り方竹節の取り方!流しそうめん台を作る5つの手順

スポンサードリンク

夏が来ると、海やレジャーと家族サービスが増える世のお父様方!

子供達の笑顔を見れば、ますますヤル気も出ちゃいますね!

でも、もうネタ切れ、、

そんな時。お父さんが大活躍できる上に、子供達も大喜びなものがありますよ!

それは、流しそうめん!

おいしい!楽しい!大満足!な流しそうめんにチャレンジしてみませんか?

きっと子供達からの株も爆上がりなこと間違いなし。笑

流しそうめんパーティの為の準備をご紹介していきますよ!

流しそうめんの竹の作り方!必要な道具も紹介!

スポンサードリンク

まず、流しそうめんに必要なものを、リストアップしていきますね。

  • ナタ、金槌、ノミや小刀など
  • 紙やすり
  • 角材などの木の端材・細めの竹
  • 丈夫な麻などのひも
  • 水道ホース

直径15センチ前後のものを2m ほど。

(割ると、4m ほどの水路になります)

測るものがなければ、両手で握り、手が届くくらいの太さの竹が好ましいです。

ホームセンターでも販売していますよ。

割ることが難しいようであれば、割ってあるプラスチックの竹や

「雨どい」でも代用できます♩

ナタ、金槌、ノミや小刀など

竹を割ったり、削る時に使う道具たちです。

すでに割ってある竹には必要ありません。

角材などの木の端材・細めの竹

70センチ前後のものを9〜12本。

竹を支える土台にします。椅子や台などで代用しても良いです。

水道ホース

そうめんを流すためのホースなのでお庭用はやめてくださいね。

水道水を使用する時は、必ず新品のホースを使いましょう。

準備は整いましたか?

では、いざ竹づくりに挑戦!

手順をご紹介していきますよ!

1 竹の加工(割っていない竹の場合)

⑴竹の真ん中にナタをあてる

⑵金槌でナタを叩き、竹にナタを入れ込む

⑶ナタで竹をある程度割ると、間に角材などを挟み込み一気に割る

参考に動画を貼っておきます♩

2 流しそうめんの竹節の取り方

金槌で節を叩いて割ります。残った節はのみと金槌で取り除きます。

少し凹凸を作っておくと、

流れるそうめんに緩急がつき面白いですよ〜!

上記の動画2分09秒からハンマーやのみを使ったやり方がのっているので、

加工に不安のある方はしっかり見ておいてくださいね。

3 紙やすりで綺麗に

そうめんが引っかからないようにする為、節のところをやすりで綺麗にしていきます。

4 中性洗剤で洗い、陰干し

竹自体の加工が終わりましたら、全体の汚れや削りカスなどを落とすためによく洗ってください。

5 設置

⑴細い竹を3本ずつまとめ、上から10センチ程のところを麻ひもで結ぶ。

⑵これを繰り返し、少しづつ結ぶ位置を下にしていく。

⑶束ねた竹をカメラの三脚のように広げると土台ができますよ。

参考動画をどうぞ♩

あとは角度を少しづつ調整して、竹を土台に設置したら完成。

竹と竹のつなぎの部分は結束バンドで固定すると安定しますよ。

これで立派な流しそうめん台の出来上がり!

さてさて、早速流してみましょう♩

流しそうめんで竹が丸まる原因は?青竹加工の注意点

水道

一から竹を使って手作りする方。

事前に楽しみに買ってきてすぐにでも準備がしたい!

、、、お気持ちわかります。笑

が、先走ると竹がダメになってしまいますよ!

竹の加工はできるだけ使う直前がベスト

竹は中に水分があるので、

切ると空気に触れカビができてしまいます、、

その為、早くに竹を加工するのは避けましょう。

できれば 使う日の前日か、当日に

青竹の扱いは要注意!管理によってすぐダメになってしまうことも

竹を加工し洗った後に長時間の天日干しをしてしまうと、

竹が丸まってしまいます!!

先ほどお伝えしたように、水分が逃げ急激に乾燥してしまうことで縮んでしまうのです。

洗ったあとは、風通しの良い陰干しにしましょう。

おまけ:使い終わった後のそうめん台は

保存方法として、使い終えたあとは

熱湯をかけて消毒 → 陰干し → 無水アルコールで消毒

の手順で清潔にして保存しましょう。

清潔にしておけば、1シーズンは使えちゃいますよ♩

まとめ

いかがでしたか?

大人も子供も楽しめる、流しそうめん。

みんなで一緒に手作りすることで、何より想い出になりますね。

きっと来年も「あれやって〜!」と目を輝かせ、頼りにしてくるはずです♩

さて、たくさんそうめん流して、おなかいーっぱい食べちゃいましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする