飛行機の子供料金ってJALだといくらくらい?幼児から子供まで詳しく解説します

スポンサードリンク

年に何度かある連休、たまには家族で遠くに旅行へ行きたい!

と思う時もありますよね。

そんな時にふと考えるのが、

子供の分の飛行機の料金のこと。

うちの子はまだ小さいけれど、席数には入るのか?

電車では小学生までは半額だけれど、飛行機もそうなのかしら?

などいくつか疑問があると思います。

そこで、今回はJALの飛行機に関して、

乗る際の子供料金について調べてみました。

JAL飛行機の子供料金と子供料金適応の年齢は?

スポンサードリンク

まず、多くの航空会社において、子供料金は“幼児”と“小児”に

分かれています。

そして飛行機には、言うまでもないですが国内線と国際線がありますね。

JAL飛行機の子供料金とひとまとめに言っていても、幼児なのか小児なのか、

さらに国内線か国際線かによって定められている年齢と

それに対する割引率が違うようです。

ここでは国内線から先に見てみましょう。

JAL国内線の子供料金は何歳から何歳まで?

国内線の場合は、生後8日〜3歳未満の子供は“幼児”、

3歳〜12歳未満の子供は“小児”です。

幼児の年齢だと、お母さんに抱っこしたまま席を使わずに

搭乗する方が多いかと思います。

幼児が席を利用しない場合は、その子の料金は無料となります。

ですが、幼児の年齢でも

席を利用する場合、小児と同じ料金がかかります。

小児料金は、大人の50%の割引額になります。

なので、12歳未満の子供で席を利用する時は、

“大人の半額”と考えておけば良いでしょう。

JAL国際線の子供料金は何歳から何歳まで?

国際線の場合は、生後8日〜2歳未満の子供が“幼児”、

2歳〜12歳未満の子供は“小児”です。

2歳の子は国内線と国際線で対応が変わります。

幼児のなかでも席を利用しない場合国際線では大人の10%の料金がかかります。

ここが国内線と異なるので注意してくださいね。

幼児のうち席を利用する時は、国内線と同様に

小児と同じ料金がかかります。

小児料金は、大人の25%割引になります。大人の料金の75%を

支払うことになります。

以上のことから、国内線、国際線ともに12歳未満の子供については、

割引率は違いますがそれぞれの年齢にあった子供料金が適用され、

12歳以上になると大人と同じ料金がかかることになります。

飛行機の子供料金は座席使用有無で変わってくる。膝上抱っこって実際どう?

飛行機

小さい子供は大人が抱っこしていることで国内線では無料で、

国際線では10%支払うだけで搭乗できることが分かりました。

では、席を利用しない子は飛行機に乗っている間じゅう

ずっと抱っこでなければいけないのでしょうか?

特に歩く楽しさを知ってしまった子供には、何時間も

お母さんに抱っこされたままでは辛いでしょう。

動きたくて動きたくて仕方ありませんよね。

遊び盛りの子をお持ちのお母さん方、そんなことはないのでご安心を。

シートベルト着用しなければならない時は、安全のため

しっかりと抱っこするのは当然のことですが、

シートベルトを外しても良い時間になれば、ずっと座って

抱っこし続けていなくとも、しばらく外を見せたり、

ぐずったら立ってあやしたり、動きたい盛りのお子さんは、

周りの迷惑にならない程度であれば通路をお散歩したりと、

比較的自由に過ごすことが出来ます。

しかし、あくまでも周りのお客さんや働いてるCAさんの

ご迷惑とならないようにしましょうね。もしもぐずったり泣き出したり

してしまいそうなら、あらかじめ近くの席の人には

「お騒がせしますがすみません」などと先に声をかけておくと、

もしうるさくしてしまっても、温かく見守ってくれるかもしれないですね。

まとめ

飛行機機内

いかがでしたか?

飛行機での子連れ旅行は、大人だけで行くよりははるかに

大変なことですが、料金や飛行機内での過ごし方など、

事前に調べておけば意外となんとかなりますので、

ぜひ楽しんで旅行にいって素敵な思い出を使ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする