いきなりのゲリラ豪雨はいつから起きやすい?時間や理由を知って急襲に備えよう

スポンサードリンク

皆さんは、“ゲリラ豪雨”という言葉を聞いたことはありますか?

夕立のように突然、バケツをひっくり返したように大雨が降り、

その後すぐに止んでしまう、あの突然のどしゃ降りです。

この“ゲリラ豪雨”という言葉、最近になってよく聞くようになったなぁと

感じるのですが、なんの前触れもなく突然降り出すので、外出中には

自分はもちろん、家に干した洗濯物などがびちゃびちゃに濡れて

しまったらもう最悪…ですよね。今回は、そんな予測の難しい

ゲリラ豪雨について調べてみました。

ゲリラ豪雨の定義って何?夕立と何が違うのか

スポンサードリンク

実は、“ゲリラ豪雨”という言葉は気象用語として正式にあるものでは

ないのです。

予測されていなかった場所で突発的に大気が不安定になり、

ひどい大雨が降る集中豪雨の俗語のようです。

ゲリラ豪雨の他にも、局地的大雨ゲリラ雷雨などと言うこともあります。

これらはテレビなどマスメディアにおいて、

にわか雨や集中豪雨などという言葉では言い表せない程の短時間での

記録的な大雨の喩えとして、「ゲリラ戦」などで言うゲリラを使用したのです。

夕立とゲリラ豪雨は何が違うのか

夕立も同じように、突然降る大雨のことを指しますが、夕立とは

夏場の午後〜夕方に降るにわか雨のことを言います。

俳句、短歌での夏の季語にもありますよね。

なので、

●ゲリラ豪雨とは、一時的に突然大雨が降ること

●夕立は、夏場の午後に降る、一時的な雨

と解釈しておけば問題ないでしょう。

ちなみに、ゲリラ豪雨という言葉は日本国内でしか使われていない

言葉なので、間違っても外国の方に

「It’s ゲリラ heavy rain!(これはゲリラ豪雨だよ)!」などと

言わないようにしてくださいね。

ぽかんとされて恥ずかしいですよ。(笑)

ゲリラ豪雨が起きやすい時期は?どんな天気が危険?

大雨の道路

前にも述べたように、ゲリラ豪雨という雨の種類の定義はなく、

予測していなかった場所で突発的、一時的に降る大雨をゲリラ豪雨と

呼んでいることがわかりました。では、そのゲリラ豪雨が起きやすい時期は

いつなのでしょうか?

それを知るためにも、まず雨が降る仕組みを説明しますね。

雨のもとになるのは空気中の水蒸気です。この空気中の水蒸気が上昇し、

それが上空で集まると雲になります。気温の低い上空では雲になった

水蒸気同士がくっつき合って水の粒となります。それがだんだんと重たくなって地上に落ちてくる、というのが、雨が降る仕組みです。

湿度が高いということは、空気中に含まれる水蒸気が多いということです。

そして気温が高くなると空気中に含まれる水蒸気が上昇しやすくなり

雲が作られやすくなる=雨が降りやすくなる、というわけで、

湿度と気温が高い時期は雨が降りやすいということになりますね。

そこへさらに、上空の気温が低いと大気が不安定になり、

ゲリラ豪雨を引き起こす原因となるようです。

出来ればゲリラ豪雨に降られるのは回避したいところですが、

なかなか予測が難しいこの突然の豪雨。朝の気象予報では

予測が出来なくても、空を見上げると見える雲の様子で

予測をすることもできます

晴れた日に白い雲が上空で動いている、そんな時は、ゲリラ豪雨の心配は

ありません。

注意したいのは、見上げた上空が黒い雲でどんよりしている時や、

今いる場所が晴れていても、遠くの空に黒い雲が見える時です。

黒い雲は、水分をたっぷり含んだスポンジのような状態なので、

突然の大雨が降る、と考えられます。

ですので、そんな時は早めに屋内に避難しておくと安心でしょう。

まとめ

雲

いかがでしたか?

ゲリラ豪雨は気象用語にはありませんが、

突発的、そして一時的に降る記録的な集中豪雨のことを指します。

あらかじめの予測が難しいですが、空を観察することで回避することも

出来そうですね。

空を見上げていい天気の雲、どんよりした天気の雲を

見比べていると、だんだん天気の変化と重なっていることがわかるので、

ぜひ見てみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする