海に必須の日焼け止めで最強なのはどれ!?絶対焼きたくない日焼け止めの選び方

スポンサードリンク

夏が近づくと、何故だかワクワクしてしまうのは何故でしょう。

夏祭りに花火、肝試し。

中でも最も楽しみなことといえば、、海!!

しかし!

海に繰り出したはいいものの、

翌日全身ヒリヒリして皮がむけたり、肌が黒くなってしまう、、

なんて事にはなりたくない!

筆者なんて、過去に「夏になると暗闇で見えない」

などと言われたものです。笑

そんな方への最強のお供が、何と言っても日焼け止め。

今年の夏も最強の相棒を引き連れて

海を思う存分楽しみましょう!

マリンレジャーでの日焼け止めはウォータープルーフから選ぶべし

スポンサードリンク

海での日焼けは何故にこれほどひどいのか、、

それは海水や砂浜の照り返しが強い為、

紫外線量が多くなり日焼けしやすいのです。

また遮るものもなく、肌の露出面積も多いことが原因です。

海へ行く際の日焼け止めの選ぶ基準として、

・水や汗に強いウォータープルーフ

・「SPF」「PA」値が高いもの

この二点は必須項目です。

最近はマスカラなどのコスメでも多くみられる

ウォータープルーフ

夏はとにかく汗をかきやすい上

海では常に水と触れ合いますよね。

通常時よりも断然日焼け止めが落ちやすい!

せっかく塗った日焼け止めが速攻落ちてしまい

役に立たなかったなんて事にならない為にも、

必ずウォータープルーフを選びましょう。

次に、

「SPFやPHは書いてあって知ってるけど、

正直なんのことなのかよく知らない〜」

そんな方へ、簡単にご説明を。

PA

肌の深くまで侵入し、

コラーゲンやヒアルロン酸を生む細胞を傷つける

紫外(しがい)線A波をカット。

これをカットすることで、シミシワ、たるみが防げます。

A波への防御力を数値にしたものが、

「+〜++++」までの4段階です。

SPF

肌の表面を赤くする「サンバーン」や

肌が黒くなる「サンタン」

を引き起こす紫外線B波をカット。

B波への防御力は数字で示されます。

例えばSPF50の場合だと、

何もつけていない肌に比べて50倍防止できること

を表しています。

50以上は「50+」とします。

「PA」「SPF」どちらも数値が高いほど、効果を示します!

日焼け止めを選ぶ基準がわかって来ると、

選びに行くのも楽しいですよ♩

薬局で買える日焼け止め2000円以下でおすすめは?

頻繁に塗り直すと、意外と消耗の早い日焼け止め。

できれば、コスパが◎なものが良い!

そんな方へ。

近所の薬局でも買えて

2000円以下のオススメ日焼け止めたちを

ご紹介していきますよ♩

Biore UV アクアリッチ

(SPF50+ PA++++)

毎年人気のこちらの日焼け止め。

2019年のものは改良を重ね、

ミクロレベルの隙間まで塗りムラを防いでくれます。

プルプルのウォーターカプセル配合で、乾燥防止に!

何度重ねても軽く、肌になじむ透明感が嬉しい♩

肌ラボ 極潤 パーフェクトUVジェル

(SPF50+ PA++++)

あのかの有名な化粧水 極潤シリーズの日焼け止めです!

化粧水等と同じヒアルロン酸の成分配合で、潤いながら守ります。

コパトーン キレイ魅せUVカットシリーズ

日焼け止めを塗りながらも、

なりたい肌に近づけてくれる優秀な商品。

白肌にトーンアップしてくれるマシュマロ肌タイプ

自然なパール効果でキラキラ肌タイプ

女子の皆さんなら誰しも

肌を出す場面で少しでも綺麗に見せたい、

そんな願望を叶えてくれる素敵な日焼け止めですよ♩

ALLIE エクストラUVジェル

(SPF50+ PA ++++)

口コミでも評判が高い日焼け止め。

美容成分配合で、みずみずしいつけ心地。

汗水のみならず、摩擦からの落ちにくさも追求しているので、

とても信頼できる日焼け止めですよ!

ちなみに筆者もこちらを愛用しています♩

本当にベタつきなくつけられるので、ストレス皆無です。

まとめ

いかがでしたか?

日焼け止めは我らが女子の心強い味方。

たくさんのメーカーから発売される日焼け止めは

どれも毎年改良されて、どんどん性能が良くなっていますよ。

今年の相棒を探しに、近くの薬局に駆け込みましょう♩

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする