いらないものをお得に処分!意外と困る古くなったポットの処分は無料でできる!?

スポンサードリンク

壊れてしまった家電や、使わなくなり閉まってあった家電たち。

皆さんは、どう処分していますか?

大きな電化製品などは、

粗大ゴミとして申し込み、処分してもらうことが多いでしょう。

しかし小型の電化製品はどうしましょう?

例えば、電気ポットの行方はどうしたら?

意外と悩んでしまうところですね。

そうお困りの方へ。

電気ポットにスポットをあて、処分の方法をご紹介していきますね!

電気ポットの簡単な捨て方

スポンサードリンク

ポットとは、魔法瓶のこと。

その中でも電気ヒーターを備えたものが電気ポットや電気ケトル。

寿命は大体2〜5年と言われています。

他の家電製品よりも比較的、寿命が短いのです!

電位系統の耐熱と関係しているため、

耐熱時間が48時間を超えると限界がきてしまいます。

毎日使い続けると負担がのしかかり

2〜3年頃で不具合が出てしまうことも、、

頑張れ、ポット達。笑

では、簡単な処分方法をご紹介しましょう。

・不燃ゴミで出す

多くの自治体で電気ポットは不燃扱いとなります。

指定袋に入れるだけで費用はかかりません。

ただし、大体2週間〜1ヶ月の回収サイクルであることが多いために

すぐに回収してもらいたい方には向かない方法です。

※一片30㎝以上のものは粗大ゴミとなります。

粗大ゴミの場合は事前に申し込みをし、

500円ほど払わなくてはいけません。

・不用品回収業者へ依頼

すぐに処分したい方はこちらの方法がオススメです。

自宅にやってきて出張回収を行ってくれる業者もありますよ!

ただし、費用がかかります。事前に見積書を依頼しましょう。

できれば、複数の業者で見積もりを出してもらい

比較検討する方が安心です。

※無料で行なっている回収業者もありますが、トラブル多し!

回収後に追加料金を請求されたりすることもあるので、

電話で営業してきたり、訪問して来るような業者は注意しましょう。

ポットを無料で処分するには

ポット1

なるべくお金をかけたくない!といった方は、

先ほどの不燃ゴミでの処理が良いでしょう。

その他の無料でできる処分方法としては、

小型家電リサイクル法の対象である場合、費用がかかりません。

こちらはお住いの自治体によって、対象であるかは異なる為、

一度ホームページで確認してみましょう。

対象であった場合、公共施設や家電量販店などの

決められた場へ出向き、小型家電回収ボックスに投函しましょう。

まだ使える状態で正常に動くものである場合

捨てるのは、ちょっと待ったー!

この場合、買取業者に買い取ってもらえることがあります!

ポットは中古でも需要が高いのですよ。

メーカーや年数などによって変わってきますが、

500〜1500円くらいになることが多いようです。

臨時収入で今日の晩ごはんを、ちょっとだけ豪華にしちゃいましょう!

回収業者の中には、

不用品の回収と買取サービスを同時で行なっているところも。

買い取ってもらえなくても、そのまま処分してくれるようですよ。

まとめ

ポット

いかがでしたか?

それぞれの自治体によって処分の方法が変わって来るので、

まずはお住いの自治体で確認してみましょうね。

ポットにそっとお礼を言って

きちんと処分してもらいましょう♩

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする