餃子の上手な冷凍の仕方は?余った具や皮も美味しいままキープ!

スポンサードリンク

世は空前の餃子ブーム。

お店に食べにいくことはもちろん、

家で餃子パーティをする方も多いかと思います。

餃子を作るあの作業って、案外楽しくって

せっせと作りまくった結果

とんでもない量の餃子を生み出してしまったことはありませんか?

そんな時に美味しいまま保存することができたらいいですよね♩

そんな方へ向けて、美味しく保存できる冷凍の方法

お伝えしていきます!

余った餃子の冷凍方法。具だけ皮だけのときはどうする?

スポンサードリンク

餃子の保存方法としては冷凍保存が便利ですよね!

冷凍保存のメリットは

・時短になる

餃子は解凍せず、凍ったまま調理できることから、

とっても時短のできる料理です!

・様々なアレンジができて便利

王道の焼き餃子、たまに食べたい揚げ餃子。

楽しみたい時の水餃子など、多様な調理方法で楽しめます。

主婦の皆さんには大変心強いですね!

では、どういった保存方法をすれば、

美味しさをキープしたままでいれるのか。

焼く前の餃子、具だけ、皮だけの時など

それぞれで説明していきます♩

冷凍保存のやり方・それぞれの場合

餃子をどの段階で保存しておくかによって

少しずつやり方が変わって来ます。

最適な保存方法を使って便利に料理しましょう。

・焼く前の餃子

金属製のバットに並べ、小麦粉や片栗粉などで打ち粉をする。

上からクッキングペーパーを被せ、冷凍庫へ。

※この時、ラップはNGです!

ラップで密封すると水分を皮が吸収して、パリッと焼けません!

冷凍できたら、ジップロックやタッパーに移して、空気を抜き保存する。

ポイントは、 しっかり打ち粉をしておくこと。

これで餃子同士がくっつかないのです。

くっついて皮が破れてしまうと、焼く際に肉汁が逃げちゃいますよ!

大事な大事な肉汁さんはしっかり封じ込んじゃってください♩

・具だけの場合

具を一度に使用分に小分けし、ジップロックやタッパーに入れ

空気を抜く。金属製のバットに乗せ、冷凍庫へ。

冷凍できたら、バットはとって大丈夫です。

ポイントは、

ジップロックに入れるときは包丁を軽く当て袋に「すじ」

をつけること。

そうすることで、冷凍後に取り出したい分量に分けることができます!

・皮だけの場合

皮を一枚おきにラップかクッキングシートで挟む。

包み込んだら、ジップロックに入れ、

空気を抜いてバットに乗せ冷凍庫へ。

皮は引っ付きやすく、乾燥により破れてしまいます。

めんどくさがらず一枚一枚ひと手間加えましょう

ポイントは、解凍は極力自然解凍で!

前日に冷蔵庫へ移動させ、ゆっくり解凍すれば

くっつきやベタつきのない皮になります♩

やり方の参考になるサイトを載せておきますね。

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1710001717/

餃子を冷凍したものの保存期間は?いつまでに食べるべきか

無事に冷凍保存できた餃子たちですが、

果たしてどれくらいの期間、保存することができるのでしょうか。

冷蔵の場合だと、具は約一日

未開封の皮は約二週間、開封後は三日程度となります。

比べて冷凍保存だと、約1ヶ月程度も持ちます。

ただ時間が経つにつれ、どうしても味は落ちてしまうので

なるべく早めに食べきるのが良いでしょう!

まとめ

いかがでしたか?

上手に冷凍すれば、長く楽しめる餃子たち。

せっせと作って、餃子パーティを

思いっきり楽しみましょう♩

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする