ちょっと気になるへそのごまの取り方は? 放置してたおへそをさっぱりリフレッシュ!

スポンサードリンク

へその中のごま。

ふとした時に気になったことがある方も多いんじゃないでしょうか。

でも、中をほじくってみると

お腹が痛くなってそのままにしたり、

「おへそをいじっちゃダメ。」

と小さい頃に言われたことがあるなど、

なかなか未知の世界で

放置してしまいがちな、へそのゴマ。

一度キレイにしてみませんか?

長年の汚れがごっそり取れて

スッキリ爽快ですよ!

へそのごまが塊に!?たまってしまう汚れの理由

へそのゴマとは、そもそもなんなのか。

答えはカンタン。ゴミの塊です。

垢や体からはがれ落ちた皮膚や皮脂。

服の細かい繊維、空気中のホコリなどが固まってできたもの。

そしてなんと、へそに潜むバクテリアの数は2300種以上。

恐るべきへそのゴマ、、

へそのゴマは年齢が上がるほどたまりやすかったり

女性より男性の方が多いと言われています。

お腹の毛がゴマをへそに運んでくる模様。

世の男性陣の皆様は特に気をつけてケアしたいところですね。

では何故へそをいじるとお腹が痛くなってしまうのか。

へその周りには神経が集中していて

へその下には脂肪や筋肉がない為、腸を刺激してしまうのです!

だからと言って、触らないほうがいいかというと、

そうではありません。

次のケア方法を試しながら、優しく触れば大丈夫ですよ♩

ビビらずにおへそと向き合いましょう!

へそのごまとるには○○を使う!やさしく掃除する方法をご紹介

では、へそのゴマはどういった取り方がよいのでしょうか。

まず最も言えることは、こすりすぎは良くない!ということです。

そして爪やナイロンのタオルでゴシゴシとこすると

傷がついてしまいます。

へその皮膚は薄くてとってもデリケート。

もし傷ができてしまうと、そこからゴマの菌が入り

炎症を起こしてしまうのです。

出血したり液が出るときは皮膚科を素早く受診しましょう。

ではオススメのケア方法はというと

・オリーブオイルやベビーローションを使う

オリーブオイルやベビーローションを浸した綿棒を用意する。

お風呂上がりの皮膚が柔らかい状態の時に、

優しくこすってゴマを取る。

強くこするとお腹が痛くなっちゃうので、ご注意を!

もしオイル類がなくてできない方は、少し効果は落ちますが

ニベアやワセリン、ボディクリームで代用できます♩

固くて大きい頑固なゴマには、

オイル類をおへそに垂らし、上からガーゼをのせ

しばらく時間をおいてから取ると取れやすいようです!

あまりにも硬いゴマの場合は自分でとるのは危険な為

お医者様に相談してみましょう。

・毎日のお風呂で習慣化したいケア

お風呂の中で柔らかいボディタオルを指に巻きつけます。

指をおへそに突っ込みくるりと優しく回してください。

これを2〜3回。週2〜3回繰り返せば、段々と綺麗になっていくようです。

ただし、ゴシゴシ専用ボディタオルは厳禁ですよ〜!

まとめ

いかがでしたか?

へそのゴマは放置しすぎてしまうと、

とんでもない塊になって衝撃を受けてしまうものです。

できれば毎日のお風呂で習慣化し、

ゴマを溜め込まないようにしていきましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする