ニットの毛玉の取り方は?羽毛立ちを抑えてかっこよく着こなそう!

スポンサードリンク

ニットといえば秋冬の寒い時期に着るイメージがありますが、

春夏にも活躍するオールシーズンな服ですよね。

そんなニットですが

ふと気づいたら毛玉がいっぱいついている

なんてことありますよね。

これは着ている時に摩擦が起き

毛玉立ちが起こったところに、

さらに摩擦が加わり毛玉になってしまうのです。

また洗濯しても衣服同士がこすれて毛玉が

できてしまいます。

ニットやセーターの毛玉・毛玉立ちが起こる原因

スポンサードリンク

ニットで毛玉ができる主な原因は摩擦です。

ニットセーターの場合はわき腹や背中、

腰の部分によく毛玉ができます。

着ている時の摩擦の静電気によって、

腕やバッグがニットセーターと擦れて摩擦が

できることによって毛玉立ちが発生します。

これに摩擦でできた静電気で繊維同士が、

からまって毛玉になります。

洗濯中にも服同士がこすれて摩擦が起き

ダマダマの原因になるのでニット製品を洗濯するときは

必ず洗濯ネットに入れて洗濯してあげましょう。

中に毛玉ができにくい素材のものもあり、

100%ではありませんが

天然素材は熱に強く繊維が短いため

毛玉になりにくいです。

ニットで言えば綿100%がおすすめですよ。

だらしないニットは悪印象・・・きちんとした手入れで毛玉除去

一番してほしいのは着た後にやさしくブラッシングしてやること。

生地の目に沿ってブラッシングをすると、

ホコリが取れ毛玉立ちの絡みがほぐれてくるので

そのあと毛並みと整えてやりましょう。

すでにできてしまった毛玉は決して

ひっぱたりはせず、小さいはさみなどで

丁寧に切りましょう。

引っ張ると生地が傷み引っ張ったところから

毛玉立ちができてしまいます。

本当はプロに任せてクリーニングしたほうがいいですが、

めんどいしそんな時間ないという人は

洗濯するときに柔軟剤をいれて生地を裏返しにします。

サイズピッタリの洗濯ネットを使って

洗濯機のドライコースを使って短時間で済ませましょう。

服を詰めすぎないように洗濯すれば

服同士の摩擦も抑えられるので効果的です。

まとめ

いかがでしたか?

ニットは連続で着ると摩擦も増えて毛玉が

できやすくなってしまいますが、

お気に入りだと毎日着ちゃったりしますよね。

毛玉取り機をというのもあるので

そちらを使ってみるのもいいです。

使う際は衣服にあったものを選び、

間違って穴を開けてしまわないように

注意してくださいね。

「毛玉防止」や毛玉取りの仕上げをしてくれる店も

あるのでそちらに頼んでみるのもいいですね。

服を長く着用するためにも日々の手入れをして、

かっこよくニットを着用してくださいね。

スポンサードリンク