新年号令和で人気急上昇?大宰府展示館へのアクセスや駐車場について

スポンサードリンク

ついに新年号が決まりましたね。

人によっては聞いたことのない言葉ではないのでしょうか?

この令和は万葉集の一節から来ており、令和には

人々が美しく心を寄り合うなかで、

新しい文化、新しい文化を切り開いていく

という意味が込められているそうです。

意味を聞くととても好印象をうけますね。

新年号ゆかりの地として今、

福岡県太宰市の大宰府展示館が注目を集めています。

さながら「聖地巡礼」のように家族や観光客で賑わいです。

大宰府展示館の場所や車でのアクセス方法

スポンサードリンク

大宰府展示館は福岡県にあり福岡といえば、

博多や福岡タワーなどといった

有名どころが多くお寺や海が近いので海岸を楽しむこともできます。

ただやはりひとによっては非常に遠くて車で行くとなると、

2,3日はほしいところですよね。

大阪からだと各県のサービスエリアに寄り道しながらいけるので、

プチ旅気分を味わえますね。

車で行く際は高速道路を利用しましょう。

渋滞しているからと言って迂回や

下道ルートを通ってしまうと地獄です。

一般道での渋滞は地獄を見ますからね。

大阪からですとだいたい休憩をはさんで

7~8時間ほどで到着します。

大宰府展示館の駐車場は?

大宰府展示館周辺にはタイムズや大宰府駐車場があるので、

そちらを利用しましょう。

博物館が近くにあるのでそちらの駐車場もあります。

観光地なので駐車場は大目に配置されていますね。

駐車場は政庁跡が便利ですよ。

大宰府駐車センター売店もあり大きな駐車場になるので

係員の誘導に従ってくださいね。

大宰府展示館は太宰府天満宮から

徒歩でも行けるので平たんな道をいき

途中に寺院などの見どころもあり楽しいですよ。

あと福岡の郊外の神社の場合は無料駐車場があり広くて楽です。

その辺で止めスマホなどの携帯の地図を

片手に道中を楽しんでいきたいですね。

まとめ

大宰府展示館は令和が発表されてから連日人が集まってます。

福岡が有名になっりますます休日などは人で賑わいを見せるでしょう。

桜の景色もきれいでまさに日本の観光スポットといったところなりました。

まだこの熱は冷めそうにないですが

記念にいってみるといい思い出になることまちがいなしですね。

福岡に行ったことのない方はぜひこの機会に

足を運んでみてはいかがですか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする